CFNM漫画小説の女性優位時代 女性優位時代
  https://deep-cfnm.jp

ひとりぼっちの男性が集団女性に裸にされ、嫐りものにされる“CFNM”にこだわったブログです。オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、集団リンチ、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ・・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。ちとマニアックな18禁。



■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


月別アーカイブ  [ 2017年02月 ] 

嫌がる男を、女性たちが女湯に引っ張り込む 







 男性羞恥の一形態として、女風呂や、女性トイレや、女子更衣室など、本来男が絶対に入ってはいけない場所に、女性たちが無理やり男を引っ張り込む・・・というシチュエーションがあると思います。


 『女性だけのエリア』に、なぜか自分ひとりだけ男がいる・・・というシチュエーションは、男性にとっては、非常に居心地が悪いものです。


 たとえば、女湯は、その最たるものですね。


 男はスケベ心がありますので、「女湯に入れる」と言われたら単純に喜ぶでしょう。


 しかし、それは実現するはずがないネタとして言っているから喜んでいられるのであって、もし、


 「きょうはボイラーの調子が悪いので、男湯の方は閉鎖します。すみませんが、男性はあなただけなので、今日だけ女湯に入って下さい。女性の方たちは、みんなそれでOKと言っています」 

 
 ・・となったら、大半の男は困るのではないでしょうか。
 

 「い、いや、遠慮しておきますよ。ははは」 ・・なんて。


 そこで喜んで女湯に突撃できるのは、よほどの剛の者だけではないでしょうか。



 



 「えーー、先生、いっしょに入りましょうよ」


 「わたしたち、べつにいいのに」


 「そうよ、昼間汗かいてるから、お風呂入らないとクサイですよ」


 「い、いやいや。大丈夫だよ、夜中に一人で入るから」


 「えー、だって、わたしたち、お風呂大好きだから、夜中も入りますよ?」


 「・・・・・・・」


 「先生、恥ずかしがってるんですか?」
 

 「先生、エッチなこと考えていなければ、平気ですよ」


 「先生、一緒に入ろ (^^♪」
 

 「絵梨ちゃん、アンナ、マユ、先生脱がしちゃえ! 」


 「オッケー (^^♪」


 「ちょ、ちょ、ちょっと、待ちなさい!!」


 ・・・こういう場面では、男よりも、女性たちの方が大胆なものですね。



 


 もし、男が女湯をのぞいた、というシチュエーションだったら蜂の巣をつついたような、どえらい騒ぎになるに違いありません。


 ・・他方で、本気で嫌がる男を、女性たちが率先して女湯に引っ張り込むという場面では、どうしたことか、彼女たちは恥ずかしがる素振りも見せずに、堂々と裸体をさらしています。


 男はひとりで、女性多数という安心感が、彼女たちをそうさせるのかもしれません。


 これって、『決して女性は脱がない』という CFNM の黄金ルールからは外れていますが、強烈な男性羞恥という意味では、同じジャンルに分類されると思うのです。



 
 【参考動画】

 
( 2017/02/25 08:27 ) Category 女性専用 | TB(0) | CM(6)