CFNM動画小説の女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

ひとりぼっちの男性が集団女性に裸にされ、嫐りものにされる“CFNM”にこだわったブログです。オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、集団リンチ、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ・・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。


■このブログの新着記事■
■おすゝめサイト様の新着記事■

■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


ものすごい大勢の女性たちに、性的犯罪者として糾弾され、全裸リンチにされるドエム願望(実践編01) 




 私は、気心の知れた女王様にたまに遊んでもらう以外には、ほとんど性風俗店には行ったことがありません。


 見ず知らずの女性とコミュニケーションをとるのが面倒くさいというのもありますが、 お金を払ってまで"ふつうのSEX"がしたいと思いませんし、 SM倶楽部や痴女専門店に興味を感じなくもないですが、どれも私の嗜好・性癖からすると、 「ちょっと違うな」と感じてしまうものです。


 自分の妄想以上に刺激を与えてくれる性風俗など、この世に存在しないということが分かっているからだと思います。

 
 かわいい女の子たちがパンツを脱がして、集団で手こきしてくれるオナクラ系のお店はちょっといいなと思いますが、 女性にいじめられる要素が中途半端だと萌えない……。


 そんな私ですが、ものすごい大勢の女性たち(少なくとも20人以上、できれば30人超)に、 集団リンチされたいという願望が古くからあり、この夢をかなえてくれる「風俗店」であれば、 どんなに高くても、足を運んでみたいと思います。

 
 まあ、ないだろうし、仮に実現したとすれば、滅茶苦茶お金がかかると思うんですが、ドエムの一つの到達点ですね・・・・。


  ◇  ◇  ◇  ◇


 たまに"閲覧注意"系のネットで拾えるガチの集団リンチ映像を見るのが、私のひそかな楽しみとなっています。


 多くは中国、インド、パキスタンあたりのアジアか、中南米などの治安が悪いエリアで起きています。


 警察や司法が機能不全を起こしているせいで、少女に対する性犯罪などが野放しにされています。


 その理不尽さに耐えきれなくなった住民たちが、暴発的に、犯人をなぶり殺しにしてしまうというシチュエーションです。


5分くらいの短い映像ですが、レ○プ犯人の男は、丸裸にひん剥かれて、鞭や棒でたたかれたり、蹴られたり、 石をぶつけられたりしながら、街中を引き回しの刑にされます。

 
 最後は、尻の穴に焼けた鉄棒を押し込まれたり、生殖器に火をつけられたりと・・・・かれが犯した犯罪にふさわしい運命が待っています。


 その様子を、大勢の野次馬が、笑いながら見ているのです。


 罵声をあびせられ、全裸で歩かされるレ○プ犯人の姿に、自分自身を重ね合わせると、・・・・・非常に興奮します。


 これが、世界で現実に起きた出来事だと思えば尚更です。







 全裸で街中を歩かされるのは無理としても、性風俗店でこれに近いシチュエーションを実現するためには、 どこかの施設を丸ごとチャーターする必要があります。


 そんなことできるかと思いましたが、市民向けの施設を安く借りるという手がありました。


 たとえば、Y市女性文化会館であれば、第1、第2、第3教室と、大会議室、中会議室、視聴覚室、第1、第2和室、講堂、調理室を全部借りると半日で90,000円くらいです。


 安くはないですが、意外と現実的な値段です。


 一人で全部借りると怪しまれるので、知り合いの女王様に協力をお願いし、適当な団体名(ホットヨガ教室、日本舞踊、演劇研究会など、女性が大勢集まっても怪しまれないサークル)で、部屋を予約してもらいます。


 幸い、この道20年のベテランである麗弥女王様が、この話に乗り気になってくれました。


 麗弥様のパートナーでLGBTの智秋様(彼女は、タイで性適合手術を受けて、戸籍上は女性となっている)、 それに、元M女さんで、今は女王様見習い中の亜彩実様も、麗弥様の呼びかけに応じて協力してくれることになりました。


 彼女たちには、集団リンチの進行役を演じてもらうことにします。
 (本格的なSMの経験者が入ることで、事故を防ぐ意味もあります)


 201×年夏。こうして集団リンチプロジェクトが発足しました。


 実践編02へつづく
 
( 2016/12/19 00:21 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(0)

ものすごい大勢の女性たちに、性的犯罪者として糾弾され、全裸リンチにされるドエム願望(後編) 




 前編をまだご覧になっていない方は、先にそちらをご覧ください。


 ----------------------------------------------------------


 畳の部屋で、女性たちの取り調べが始まりました。


 こんなに大勢いると、一番広い部屋ですが、女の汗と、化粧と、血液のにおいでむせ返るようです。


 いきなり、ママさんバレーのチームリーダー(仮にS子という)が、僕に裸を命じました。


 「自分で脱ぐなら、パンツ一丁でお仕置き。わたしたちに脱がされるなら、すっぽんぽんで、吊るすから」


 うーん、どっちにしよう(涙)


 脱がされ方にも色々あると思いますが、複数の女性たちに言葉で嫐られながら、じっくりと、時間をかけて、着ている物をむしり取られていく。


 これは屈辱的です。


 「脱がせ!!」のひと言で、大勢の女性たちがいっせいに襲いかかってきて、あっという間に生まれたままの丸裸にされてしまうのも恥ずかしいですが。


 シャツやズボンなどを剥ぎとられて、ブリーフと靴下だけを残した状態で、女性たちに取り囲まれて、ネチネチといたぶられる(言葉と力の両方で)なんて、最高に恥ずかしいです。


 女の人たちは圧倒的多数ですし、こっちは逃げ場もないわけですから、最後まで脱がそうと思えば、それは簡単なわけです。


 でも、それはやらない。


 女性たちは、わざとパンツ一丁のところで留めておいて、男が頼りなく震えて許しを乞う様を見て、歓喜の声をもらします。


 田澤馨子が、僕のむきだしの乳首(鳥肌が立っています)を、ギュっと抓るお仕置きをします。


 身をよじって逃げようとすると、たちまちゼミの学生たちに取り押さえられてしまいます。


 「ここがどんな場所か分かる?あんたは、女性センターの中にいる限り、私たちに、どんなお仕置きをされても文句は言えないのよ」 田澤馨子が勝ちほこったように言います。


 ひとりが乳首をつねるお仕置きを始めると、他もマネをします。


 ちょっとでも抵抗すると、ビンタ。ビンタ。ビンタの嵐。


 30代、40代の女性は、なぜかビンタが好きですね。


 髪の毛をつかんで、顔を上げさせておいて、僕の頬を張り飛ばします。


 あえて自分の娘にやらせるお母さんもいます。


 小娘にやられるのは、なかなか屈辱的です。ちょっとでも逆らえば、たちまちお母さん軍団の制裁が待っています。


 本気でグーで殴るお母さんもいます。高校生の娘がチカンに襲われた仕返しだそうです。


 ……僕じゃないのに。


 このまま暴力的制裁がエスカレートすると、やばい感じになる(僕が死ぬとか)と思った女性が何人かいたみたいでした。


 その空気を察した(?)ギャル風の20代が、背後から近づき、僕のブリーフをズリ降ろしました!!!不意打ちです。


 「やめて!!!」


 僕は叫び、あわてて、両手でブリーフを引き上げます。


 一瞬ですが、完全に見られてしまいました。


 女性たち、爆笑。


 たまたま背中の側にいた女が、「見えなかった!!」 「もう一回!」などと叫びます。


 げらげら笑いながら、何人かの女性で、波状攻撃をかけてきます。


 僕、自分でズボンとシャツを脱いだのに……完全なルール違反です。


 抗議しようにも、相手が多すぎます。


 それに、こっちはしょせん下着ドロボーです。文句を言う資格なんてないです(涙)


 「あんた、本当は、見せたくて、仕方ないのよねえ。それなら、嫌がる女の子に見せなくても、わたしたちが、 いくらでも見てやるから!」


 僕が露出魔だということを言っています。


 でも、それは人違いなのに……。


 僕は両手でパンツを押さえ、しゃがみ込みました。


 しかし、無駄でした。


 畳の部屋なんで、かえって、その場に押し倒されてしまいます。


 スカートをたくし上げ、乗っかってくる女もいます。


 僕は、しにものぐるいです。


 もう、あらん限りの力をふりしぼって、滅茶苦茶に暴れます。


 とはいえ、最初から逃げる場所なんてないんですが。


 もちろん、僕はこれまで女性に暴力をふるったことは、一度もありません。


 女の人に手をあげるなんて、最低の行為だと思っています。


 逆らえば逆らうほど、この後の"お仕置き"が、つらいものになることも、承知しているんですが。


 だって、屈辱的な目に遭いたくないもの。


 僕が暴れたせいで、女性たちもいよいよ本気になります。


 女性のパワーは、一人ではそんなに大したことありません。


 でも、人数が多すぎます。


 まさに、集団の暴力。


 多勢に無勢。


 「ギャー!!こいつ、噛みついてくるわよ!!」


 「そっちの足を押さえて!!」


 「蹴飛ばされないように気を付けて!!」


 なんて、声を掛け合ってます。


 ついに、畳の上にねじ伏せられます。


 身動き一つとれません。


 両脚を抱きかかえるもの、腕を伸ばすもの、胴体を押さえるもの……見事な連携プレーです。


 僕は、片方の手で必死にパンツを押さえます。すると、ママさんバレーのS子が中心になって、僕の指を、一本一本、外しました。


 「ほ~ら、バンザイ」 S子の仲間のT美が言いました。


 S子が、穴の開いたパンストをその場で脱ぎ捨てました。(僕が暴れたせいです。後で、弁償させられます)


 彼女は、怒りながら、脱いだストッキングで僕の両手首をきつく縛り上げます。(血流がとまり手が痺れます)


 僕はすっかり観念し、固く目をつぶって、耐えようとします。


 「なに目つぶってんのよ」 T美がビンタしました。


 「しっかり見ておきなさい」 S子は、僕の頭を持ち上げ、自分のひざに乗せて、僕の顔に角度をつけます。


 別の女が、和室においてある等身大の鏡をもってきました。


 ……どこまで意地悪いんだ。女の人たちは。僕は、自分が複数の女性に凌辱される姿を、自分の目で見させられるというわけです。


 「ははは、パンツ脱がされるシーン、録画しておこう」30代の主婦がスマホを取り出しました。


 一人がはじめると、みんな真似をします。


 "押さえ役"の女性は、自分が撮れないので、「あとで回して」なんて言ってます。


 女性専用の動画サイトに投稿されるのだけは勘弁して欲しいです。


 「顔は写さないで・・・・」


 「オチンチンなら写してもいいって!」


 女のだれかが言い、全員大爆笑しました。


 (やれ!!)と、S子が娘に目で合図を送ります。


 S子の娘は、H美という名前の女子です。ブルーの制服を着ています。


 彼女は心得たもので、部屋にもう一人いる制服姿の少女と、小学5年生の姉妹(例の僕を露出魔認定した姉妹です)を招きよせます。


 ミニスカの女子たちに最後の一枚を脱がされる屈辱感は、また格別です。


 彼女たちは、恥辱にゆがんだ僕の顔を眺め、ニヤニヤ笑いながら、6本の手で、ゆっくりと、パンツをめくりました。


 「キャ!!」 「うわあ!!」


 いざ下半身が露出すると、女子たちは叫んで逃げました。


 30代の母親が笑いながら、後を引き受けて、足元までパンツを引きずり降ろします。


 女たちは、ご丁寧に、僕の靴下を脱がし、腕時計を外しました。


 だれかが、「これで、生まれたままの、スッポンポン!」と宣言しました。


 それで、女たち、またまた爆笑です。


 殴られるお仕置きと、どっちが辛いんだろうか、などと、変な考えが頭に思い浮かびました。


 僕が泣き叫ばないように、口の中にパンツを詰め込まれてしまいます。




 
 パンツを脱がされた後は、当然、露出させられた男性器に対する容赦のないいじめが待っています。


 まずは、女性たちによる、徹底した“視姦”が行われなければなりません。


 僕の股は、限界までこじ開けられます。


 本来であれば、女を犯し、女を孕ませ、女に歓びを与え、女を思い通りに扱うための武器であるはずの男性生殖器を、徹底支配される屈辱を味わいます。  


 サイズが平均よりも小さいことや、ホーケイであることに対する言葉責め、罵倒責めが行われます。


 非番のナースが加わっていたことで、剃毛されます。


 完全に女性たちの悪ノリですが、「ちかん行為のお仕置きとして、子供のオチンチンにしてしまう」のだそうです。


 げらげら笑いながら、みんなで交代で僕の下半身をそり上げて行きます。


 つるつるになった後は、いよいよ本格的な 局所責めが行われ、それから6時間もの間、女たちから凌辱の限りを尽くされることになるのでした。


 (参加した女子○学生の一人は、こんなにやられても僕が勃起し続けるのを不思議がっていました)


 さらに、怒涛の実践編へとつづきます。
   
( 2016/11/23 16:57 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(2)

ものすごい大勢の女性たちに、性的犯罪者として糾弾され、全裸リンチにされるドエム願望(前編) 




 かなり特殊な性癖かもしれません。

 
 ものすごい大勢の女性たちに、性的犯罪者として糾弾され、全裸リンチにされるという、ドエム願望が昔からあります。


 人数は、およそ20~30人くらいでしょうか。場合によっては50人近いかもしれません。


 さすがに100人とかになると多すぎます。100人では、一人一人の顔が見えなくなります。


 年齢については、20代、30代の女性が中心になって欲しいですが、40代の女性もいます。いまどきの40代は、美魔女とか綺麗な人も多いですから。


 制服姿の10代の少女がまじっています。30代、40代の娘たちでしょうか。母親のやることに従います。


 50歳以上の女性も参加しています。この年代の女性は、落ち着いているので、複数女性のよきまとめ役になると思います。


 女性の職業は様々です。学生もいるでしょうし、普通のOLさんや、飲食店の店員さんや、美容師、ナース、女性警官……色々ですね。


 意外と、普通の母親や主婦が多いかもしれません。


 妊婦や、小さい子供連れもいます。


 基本的につながりがなく、立場も異なる彼女たちですが、いまは、たった一つのことで団結しています。


 「許せないこの男に、みんなで罰を与えるんだ!!」


 僕、実は、地元のコインランドリーで、洗濯機の中から、女性の下着を、盗んでしまったのです。


 ちょっとした出来心……というか、仕事のこととか、いろいろあって、ストレスがたまっていたんだと思います。


 もちろん、下着泥棒なんて、生まれてから初めての経験です。二度としません。


 そんな言い訳、女性たちには通用しませんけど……。


 悪いことに、僕が盗んだ下着の一つに、女子●学生のパンツがまじっていたみたいで……。


 このことを問題視する女性が非常に多かったです。


 「ロリコン、ヘンタイ、最低!!」


 口々に罵倒するうちに、だんだんお仕置きムードというか……こんな男、みんなで、やっつけちゃえ的な雰囲気が盛り上がります。


 僕の方も、素直に、謝罪すればまだよかったんでしょうが、ダッシュで逃げようとして、捕まっちゃったんですよ(涙目)


 異様に足の速い女性が一人まじっていました。近隣に女性だけのフィットネスクラブがあり、そこのインストラクターのようです。


 もとのコインランドリー(スーパーマーケットの敷地内にある)に連れ戻されてしまいます。


 逃げたことで騒ぎが大きくなり、女性が集まってきました。


 中には、「例のチカン、捕まえたよ!!」なんて、ケータイで友達に知らせてる人もいます。


 ……例のチカンて、なんだよ。


 聞くところによると、このあたりの公園で、露出狂のチカンが出るらしいです。


 以前、変質者に遭遇したことがあるという小学5年と中学2年の姉妹が連れて来られ、僕の人相を確認します。


 二人は最初自信なさそうでしたが、母親たちに、


 「このひとでしょ?」 「この男に決まってるわ」 「そうでしょ」


 言われ続けているうちに、こっくりと頷きました。


 女性たちが沸き上がります。


 たしかな証人が現れたことで、いよいよ容赦のない制裁モードに突入して行きます。


 僕は、コインランドリーに監禁状態です。冷たい床の上に正座させられます。


 買い物客の女性を中心に、どんどん数が増えて行きます。


 20人を超えたところで、収拾がつかなくなります。


 正座する僕の背中を蹴飛ばしたり、頭を小突いたりする女性が現れ始めました。


 ちょっとやばい雰囲気です。このまま、際限なく集団の暴力がエスカレートしてしまいそうな。


 「むやみに暴力をふるってはいけません」


 和服姿の年配女性が、その場を取りまとめました。


 「田澤先生」 「たざわ先生だわ!!」 「先生!!」 女性たちが口々に言います。


 日本舞踊か何かの先生でしょうか。


 ……いや、違います。


 彼女こそは、過激フェミニズムの大御所であり、 某女子大の学長を務める田澤馨子なのでした。


 女性はみんな知っているみたいです。


 ……僕の運命は、終わってます。


 「ここで暴力をふるってはいけません」


 田澤馨子がもう一度言うと、ぴたっと、女性たちは暴行の手を休めました。


 田澤先生の次の指示待ちです。


 「この男は、近くの女性センターへ連れて行き、そこで、じっくりと取り調べを行いましょう」


 田澤馨子のゼミの学生(言うまでもなく、ジェンダー研究会の男嫌いの女子学生たちです)も呼ばれます。


 この時点で、女性の人数は30人を超えています。田澤馨子がいなければ、収拾がつかなくなるところですが、見事な統率力です。


 法律クラブに所属するという女子高校生によると、「私人による現行犯逮捕が成立しており、取り調べる権利がある」そうです。


 本当でしょうか。


 ともかく、僕は、女性たちに囲まれたまま、歩かされて、近くの女性会館に連行されました。


 ケータイ電話、財布など取り上げられてしまいます。僕の個人情報全部つかまれており、逃げようがありません。


 ちなみに、直接関係ない女性もずいぶん混じっているんですけど……。


 女の人って、いざとなると、「仲間を呼ぶ」っていう特殊能力がありますよね。


 呼ばれて来た女が、また別の仲間を呼んだりして。


 お互いに面識のない女性たちが、僕を取り調べる(実際には、女性の手でお仕置きする)ことで一致団結しています。


 移動する間も女性の数が増えて行きます。


 40人近くなったので、女性会館の第2会議室がいっぱいになり、隣の第3和室に移動することになりました。


 田澤馨子のほかに、ママさんバレーのチームリーダーという30代後半の女性、コインランドリーの責任者という40代前半の女課長、僕をつかまえたインストラクター、前にチカン被害にあった姉妹とその母親、今日は非番でショッピング中だった20代の女性警官、単に男の裸が見たいだけの30代主婦……このあたりが、音頭をとり、女性集団が動きます。


 畳の部屋で、「取り調べ」が始まりました。


 後編につづく



【参考動画】


  
( 2016/11/23 16:42 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(0)

ACEアクセスランキング