CFNMの女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM小説、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ、SM体験記、コラム、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。

ものすごい大勢の女性たちに、性的犯罪者として糾弾され、全裸リンチにされるドエム願望(実践編03) 




 実践編02からの続きです★



 201×年秋。こうして集団リンチプロジェクトが発足しました。


 さて、いよいよイベント当日です。

 
 会場となる女性文化会館を全部屋借り切ることができたのは、ようやく11月に入ってからで、平日の午後1時から4時までとなりました。

 
 おおまかな段取りですが、当日参加する女性たちは、午後1時ぴったりに講堂に集合。
 

 麗弥女王様から、簡単な注意事項が伝えられます。
 

 (注意事項の内容:殺してはダメ、後に残るような怪我はできるだけさせないこと、会場から外に出ることは禁止)

 
 参加女性のコスチュームは様々ですが、いわゆる女王様スタイルではなく、基本的にみんな私服です。
 

 麗弥様はタイトなスカートの女上司風、智秋様はゆるかわ系の白のワンピース、亜彩実様は小悪魔系の黒いミニスカート、網タイツでした。


 (この3人はばっちり決めてますが、他の一般女性はもっと普通の恰好です。奈央さんはラフなシャツ一枚に、パンツスタイルでした)


 一応、「客」である僕は、女性たちに気を使って、近くのスパでお風呂に入り、その日購入したばかりの下着を身に着けてから、施設に向かいます。
 

 3分遅れてしまいました。
 

 焦ったせいで、せっかくお風呂に入ってきたのに汗をかいてしまいました。
 

 トイレで身だしなみをととのえようとすると、


 「なに遅刻してんのよ」 怒りながら麗弥様が言います。


 「女性たちがお待ちかねよ」 奈央さんが、いたずらっぽく笑いました。


 二人は、左右からがっしりと腕を捕まえてきます。


 「ちょ、ちょっと待ってください」


 「もう待てないよ、いいから早く来て!」


 これが、事実上のプレイ開始となりました。


 講堂には、ものすごい数の女性が集まっていました。


 ……ざっと数えて、30人、いや、40人はいます。


 正直、びびりました。


 しかも、からしスプレーや、伸縮式の特殊警棒、スタンガンなどのちかん撃退グッズを持参した人が複数います。


 お互いに見せびらかしています。


 これは、死んだかもしれない。


 見た感じ、30代の女性が多いようです。平日のこの時間に来れるのは、主婦でしょうか。


 驚いたのは、ベビーカーに子供を乗せて来た人が二人いたということです。


 40代女性は、後で聞いた話によると、奈央さんの職場の同僚たちでした。ナースはシフト制なので平日参加OKとのこと。


 20代もちらほらいて、亜彩実様のご友人だそうです。


 最年長は、50代後半の方で、この人は30歳の娘と二人で参加してくれました。


 なんでも、「男中心の社会にしいたげられたウラミを晴らしたい」……だそうです。


 (一番多かったのは、実はネット参加者でした)


 しかし、正直に言うと、こういうのに参加したがる女性って、その、どこか、ちょっと……メンヘラっぽい人がいますね。


 それまで4~5人のグループに分かれて談笑していましたが、麗弥様と奈央さんが登場し、二人の間に、その日のいけにえが引き立てられているのが分かると、ぴたっと静まり返ります。


 それが、逆に怖いんですけど……。


 女性たちの緊張が伝わって来ます。


 智秋様が、僕の両手首をうしろに回すと、結束バンドで固定しました。


 この時点で、「客」から女性への一切の反撃ができないようにさせられます。


 亜彩実様が僕の頭髪をつかみ、女性たちの前にひざまずかせます。


 ひたいを床に押し付けられ、いきなり土下座の恰好です。


 「ゆるして下さい!!」僕は思わず叫びます。


 そこへ、麗弥様ふんするキャリアウーマンが、「女子トイレでの盗撮行為。 女子生徒に後ろから近づき、精液をかけるなどの強制わいせつ行為」と、罪状を告げます。


 僕があわてて否定すると、


 「ウソをつくな!!」亜彩実様が叫び、


 「ヘンタイ男に制裁を!!」智秋様も応じます。


 こうして"女性裁判"が開始されます。
 

 今回リアルだったのは、最年少の参加者として、亜彩実様の妹(名前は仮に美砂とします)が加わっていたことで、 彼女は大学生(20歳)ですが、童顔で、身長も143センチくらいなため、 女子○学生の扮装をしていると、本物っぽく見えたことです。


 「やっつけて!!」 彼女も叫びます。


 お母さん役の奈央さんが、僕の顔面を張り飛ばしました。


 (彼女は女王様ではありませんが、麗弥様の影響で、男イジメ体験をしてみたいと口にしていました)


 それを合図に、筋書きのない集団リンチのはじまりです。


 女性集団に取り囲まれ、罵声をあびせられます。


 最初は、みんなちょっと遠慮をしています。


 というか、本当のところ、どこまでやっていいのか、加減が分からないといった感じでしょうか。


 麗弥様に講堂の真ん中に立たされて、順番にビンタをされますが、こわごわ、遠慮がちに・・・・という感じで、最初はさほど盛り上がりません。


 しかし、麗弥様、智秋様が中心となり、


 「この!女の敵!!」


 「思い知らせてやる!!」


 ビンタをくり返すうちに、少しずつ、参加者の女性たちも熱を帯びてきます。


 ばちーーーーん!!! 大きな音を立ててビンタがさく裂すると、女性から拍手と喝采が沸き起こるようになりました。


 最初はこわごわだった女性たちが、「きれいなビンタ」を競うようになります。


 ただ、40人ぶんも耐えられません。


 僕がしゃがみ込んでしまうと、


 「おらっ、立て!!」怒号をあびせられ、 無理やり立たせられますが、ほっぺたが火をふいたようになり、あと2~3人のビンタを受けただけで、床に崩れてしまいます。


 「なんだ弱いわねえ」亜彩実様が心底あきれたように言い、僕の腹にキックを入れます。


 ここで、『あんたリンチされたかったんだろ』とか、『ドエム』とか、そういうセリフはない方がいいです。


 あくまでも、ちかん行為の制裁としてやられている前提ですので、男は本気で嫌がっていないといけませんし、 女性たちは嫌がって暴れる男に対して、数の上で圧倒的な優位を保ちながら、有無を言わせない制裁を加える必要があります。


 僕は、女性に怪我をさせない範囲で、身体をよじったり、駆け出そうとしたり、逃げようとします。


 そのたびに、大勢の女性の手で部屋の真ん中に連れ戻されてしまいます。
 

 これを何度かくり返すうちに、次第に女性たちがマジになって行きます。


 奈央さんが僕の腹に馬乗りになり、ビンタの滅多打ちにします。


 彼女は、自分のパンプスを脱いで、ぎゅうぎゅうと僕の顔面に押し付けました。


 「このッ!!この!この、この、この!!これでも食らえっ!!」


 自分の娘が性的被害を受けた母親という設定なので、男に対して容赦がありません。


 「見てないで、あんたもやりな!」


 奈央さんにうながされて、"娘役"の美砂ちゃんが、足で僕の顔面をふみつけにしました。


 「ぐは!!」


 「苦しいか!えっ!?痛いだろ!!お前が娘に対してしたことは、こんなもんじゃないんだよ!!!」


 「どうかお許し下さい!!」


 「ダメに決まってんだろ!!お前、自分のしたことがわかってんのかよ!!」


 奈央さん、迫真の演技です。


 むちゃくちゃ怖いです。





 実践編04へつづく
 
関連記事
( 2017/01/30 00:56 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(2)
拘束器具が無くて自由に動けるのに圧倒的な人数差の数の暴力で押し潰されるのが羨ましいです。
もしも機会があるなら大広間でどこに逃げても大量の女性達に囲まれる状況でやりたいです。
[ 2017/01/30 02:07 ] [ 編集 ]
40人というのは創作ですが、サークルのイベントとかであれば、ある程度それに近いシチュエーションが可能かもしれませんね。
[ 2017/01/31 01:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://deep-cfnm.jp/tb.php/77-4a822131


ACEアクセスランキング