CFNM動画小説の女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

ひとりぼっちの男性が集団女性に裸にされ、嫐りものにされる“CFNM”にこだわったブログです。オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、集団リンチ、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ・・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。


■このブログの新着記事■
■おすゝめサイト様の新着記事■

■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


いま、一番読んでみたい小説 ~ Naomi Alderman"THE POWER" 





THE POWER作者:Naomi Alderman
ペーパーバック: 352ページ
出版社: Penguin
ISBN-10: 0670919969
発売日: 2017/4/6(英国)10/10(アメリカ)



 私の場合、小説やブログ更新のネタ探しのために、世界各地で起きている、男女が対立したり、立場が逆転するような話題について、定期的に情報収集を行っています。(といっても、単にネットを見ているだけですが)


 今回、無茶苦茶魅力的な設定の小説を発見しましたので、興奮しつつ、報告をしてみたいと思います。


 Naomi Aldermanという女性作家の書いた、THE POWER という作品です。


 残念ながら、英語版しかなく、そして私フクムラは英語が読めません・・。
 もし、日本語版を出すとしたら、タイトルはどうなるんだろう?? 単に、"力" とするのもインパクトがありますが、"女性が逆転して支配する時代" という雰囲気を出した方が、ニュアンスを正確に伝えているでしょうね。 
 それこそ、"女性優位時代" または、"近未來"というようなタイトルでも良いかもしれません。

 
 わずかにネットで拾える日本語レビューと、不完全ながら翻訳ソフトを用いた部分翻訳によって・・この作品、私のドエム心を最高にくすぐる内容であることが判明しています。


 舞台は、たぶん近未来の地球で、ファンタジー小説の要素があります。ただし、ファンタジーと言っても夢のある世界設定ではなく、殺伐とした世界が描かれているようです。


 ある時代、突然変異なのかウイルスなのか、不思議なパワーを使えるようになった少女が世界に現れます。
 鎖骨部分に、"skein"という特殊な臓器(?)が発達し、そこから発電することができるようになったのですね。
 (荒唐無稽なようにも思えますが、女性にしかない臓器といえば、子宮がありますし、電気ウナギなどのように、発電能力を備えた生物は実際にいます。そう考えると、あながちおかしくもない)


 最初は、世界でも数人の少女だけが、この能力に気づき、お互いに"しびれごっこ"をしたりして、無邪気に遊んでいました。


 やがて、この特殊な力を持つ女性が、世界中に出現するようになります。
 このパワーは、意図的に鍛えることができ、しかも女性だけが持てる"力"であることが判明します。
 ・・・するとどうなるのか。
 国や地域によって温度差はあるものの、女性たちは、この"力"を意図的に用いて、徐々に男社会を覆滅して行きます。


 最初は、"能力"に目覚めた少女が、自分の母を暴行した男どもに、厳しい制裁を加えるところから。
 後に、彼女はみずからの能力を女性たちに伝道し、教祖と呼ばれるようになります。


 社会を支配する"力"は、必ずしも肉体的な強さだけではないはずですが、女性作家であるAldermanは、男性が肉体の力で女性を支配してきた従来の歴史、それを覆す女性たちの"パワー"ということを書きたかったのだと・・私フクムラは理解しています。


 かつての男たちが、単純に女性よりも肉体の力が強いというだけの理由で、長い間、男性優位の社会を築き、女性たちを見下し、支配してきたのと同じように、今度は、電気刺激パワーという優位な力を用いて、女性がオトコどもの上に君臨する時代がやってきます。








 ちゃんとした翻訳をしたわけではないので、間違いがあるかもしれませんが、女性たちは、この"電気刺激パワー"を、強弱に使い分けることができるみたいですね。


 たとえば、暴漢や、男のテロリストに襲われた場合は、最大出力のパワーでやっつけて殺してしまうこともできますし、女性上位のSEXを拒む男に対しては、微弱な電流を与えることで、無理やり勃起させ、逆レイ プすることもできます。(実際にそのような描写がある模様)


 やがて社会における男女の役割が完全に逆転してしまうと、男は一人では外を歩くこともできなくなります。
 うかつに外を出歩けば、複数の女性たちに、性的に虐待されたり、レイ プされたり、ときには誘拐されて性奴隷にされてしまう危険があるからです。
 男が自分の身の安全を確保するためには、"女性保護者"を登録し、彼女の庇護下に入らなければなりません。


 とある難民キャンプでは、女兵士たちが、捕虜の男をかわるがわる輪 姦し、拷問にかけ、その遺体を放置する・・という残虐シーンもあるみたいです。


 また、この世界では、男が自由に射精することも禁じられるみたいです。
 女性たちが、若い男の子を全裸にむいて、電気ショックを与え続け、女性からの電気刺激なしでは射精できないように「矯正」するということも行われているようです。


 やがて、「男は最低限、生殖に必要な人数だけいればよく、女性だけでよいのでは」という、マニフェストをかかげる女性政党も登場するようになります。この時代、生殖医療も進んでいますから、男の子は生まれる前に間引かれてしまうのでしょうか・・。


★関連記事※男性撲滅委員会「男児の出産は犯罪です!」

★関連記事※女性だけの街に住みたい 



 同じように未来における男女逆転ファンタジーとしては、有名な家畜人ヤプーがありますが、こちらのThe Powerは、女性作家の作品であり、もちろんポルノとして書いておらず、むしろ、女性目線での真摯な怒り・・が伝わってくるのが、非常に萌えますね・・。


 完全に読み方まちがってるんでしょうけど・・。スミマセン・・。 _(._.)_



 この小説を紹介している女性ブロガーの頁を発見したので、その方の考えを引用してみます。正しい読み方は、こちらです。
 (URLは、先方に迷惑をかけたら悪いので非公開。興味のある方は、検索で探してみて下さい)

 

 AldermanのThe Powerは、「女性が権力を得たら、もっと平和な世界になるのに」といった甘い理想論を語る小説ではない。

 「レイ プされるのは、襲われて抵抗しない女性が悪い」とか「女性が独り歩きをしていたら、襲われても当然」、「嫌だといいながら、本当は楽しんだのだろう」といった男性の言い分に対する、非常に直截的な返答だ。そういう男性に対して、「パワーが逆転したら、あなたはレ イプされて殺されてもOKなのでしょうね?」と問い返している。

 この小説で、パワーを持って暴走し始めた女性が行う行動は、非人道的で、残虐すぎるように思える。女性読者である私にとっても読むのがしんどい部分が多いが、男女を置き換えれば、これらは男性社会が女性に対して実際に行ってきたことなのだ。まったく誇張はない。



 ・・だそうです。

 この小説、だれか、フェミニズム系の作家が日本語訳にしてくれないかなあ・・。映画化でもいいんですけど。。。


CFNMの女性優位時代


※キレた女性たちに囚われ、電気拷問で逝かされる悪いオトコを描いた至宝作品はこちらの記事で紹介しています ↓ ↓
紅蓮のアマゾネス ~泣き喚きながら逝かされる男たち~ EPISODE 03 阿鼻叫喚! 残虐なる女たちの復讐
紅蓮のアマゾネス ~泣き喚きながら逝かされる男たち~ EPISODE 03 阿鼻叫喚! 残虐なる女たちの復讐


 
あと、※読者アンケート第三弾 設置しました。よろしければ、ご協力お願い致します。



 
関連記事
( 2018/08/29 21:00 ) Category フェミニズム・女尊男卑 | TB(0) | CM(7)
https://m.youtube.com/watch?v=eICWpwQ1C1Q
この曲のように地球が逆回りして男子より女子が強い世界なんてどうでしょう。
[ 2018/08/30 21:55 ] [ 編集 ]
以前にも言ったかもしれないですけど、僕がドエム男子に目覚めたのは、小学生の頃に女子たちにくすぐられたのがきっかけですね。
その頃は女子の集団が、オトコノコノ刑のマサヒロ君みたいな悪ガキ男子をくすぐりでお仕置きするのが流行ってましたね。

この記事の小説は面白そうですね。
パワーに目覚めた女子高生やOLたちが、男性を攻撃しはじめたら大変なことになるでしょうね。

これからも、福村さんが見つけた、男女が対立したり、立場が逆転するような話題をこのブログで記事にしてくれることを楽しみにしてます。
[ 2018/08/31 14:43 ] [ 編集 ]
これは、自分も読んでみたいですね

ちと妄想の世界とは離れますが、インドあたりで女性の人権が無視されているがごとくレイプされているのを見ると、こういう力や価値観が逆転した場合にどうなるのかは、少し怖くなりますね

以前紹介しましたが、西村寿行の「旅券のない犬」、「妖しの花乱れにぞ」は、力のある女性が男を襲う描写があるので、ご一読ください
[ 2018/09/01 07:36 ] [ 編集 ]
>名無し様

くすぐりの刑は、流行りましたねえ・・。女子たちが、集団で責めて来て、ターゲットになると、息も絶え絶えになるまで、許してもらえないので・・たしかに、これで目覚めたという人はいそうですよね。。

あまりの責め苦に、おしっこ漏らしてしまい、女子たちの前でパンツを着替えさせられるとか、豊富な展開もアリですね。
[ 2018/09/04 00:41 ] [ 編集 ]
>胡麻柴様

まさに、インドとかで現実に起きていそうな女性差別事例の裏返しを、われわれ男性に突き付けている小説なんですよね。そこが非常にリアルで、怖いんだけど、萌えてしまう。。。悲しい性なのです。
[ 2018/09/04 00:45 ] [ 編集 ]
フェミナチの拷問面白かったです。
高等部の女子たちやS女子体育大学の女子たちが登場して、主人公を責める女性がどんどん増えていきますね。
この主人公もざんげの部屋の主人公と同じくらい悲惨な目にあいそうですね。
[ 2018/09/04 10:38 ] [ 編集 ]
>名無し様

ありがとうございます。ちょっと、書いていて、暴走気味に女子を出してしまいそうになりました笑
もう少し書いたら、ざんげの方に戻ります。。
[ 2018/09/07 00:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://deep-cfnm.jp/tb.php/227-2aca6442


ACEアクセスランキング