CFNMの女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM小説、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ、SM体験記、コラム、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。

「M男」というジャンルには違和感がある 




 このブログは、世間の健全な感覚からすると、"M男"というジャンルに分類されるのでしょうし、アダルトサーチエンジン系に登録する際には、やはり「M男カテゴリー」を選択することが多いです。


 しかし、私の感覚としては、本当は"M男"というジャンルには違和を感じます。


 それはたしかに、M性癖のある男性は、女性にいたぶられることで、内心喜んでいるに違いありません。


 しかし、本当に見たいのは、女性にいたぶられて喜ぶ男性の姿ではありません。


 残酷な女性の姿と、本気で嫌がる男性の姿が見たいのです。


 もちろん、内心は喜んでいてもいいのですが、少なくとも表面は、嫌がるそぶりを見せて欲しい。


 本気で嫌がって逃げる・抵抗する・怒る・反撃する・泣き叫ぶ・恐怖に震える男が、女性たちにやられてしまう方がリアルですし、はるかに萌えます。


 まあ、なかなかそういうビデオには出会えなくて、たいていの"M男"ビデオは、


 「やめてくれよー」なんて言いながらも、たった2人か3人くらいの女性に簡単に制圧されてしまいます。


 知り合いの女王様に聞いてみたところ、「男が本気で暴れたら、女性の力で押さえつけるのに、最低でも5~6人は必要。それでもスタンガンなどを用いないと、無理」・・・・だそうです。


 "M"の男性が、簡単に女性にやられてしまうのではなく、本当は強い男性が、とうとう女性に逆転されてしまった!というシチュエーションがいいですね。


 ここで「強い」というのは、単にからだの大きさや力の問題だけでなく、社会的地位や身分、経済力、年齢、見栄えなども含めた意味での「強さ」ということになります。





 たとえば、俺様タイプの病院経営者(45歳)がいるとします。


 彼は、もちろん"M男"ではありません。むしろ、明らかに"S"でしょう。


 ふだんナースや女性事務員に威張り散らし、セクハラし放題なのに、彼の威勢をおそれて誰も文句言えなかったのが、あるとき、ついに耐えきれなくなった女性たちの一斉蜂起にあい、復讐のために、性的リンチを加えられてしまいます。


 ふだんから女性を蔑視していただけに、いざ立場が逆転して、やられる側になったとき、彼は怒り狂い、咆えまくり、暴言をはき、全身全霊で抵抗するでしょう。


 しかし、女性の集団による用意周到なクーデターにあい、彼の妻や愛人たちまで、ひそかに内通していたことを知らされたとき、彼は絶望し、生まれて初めて女性の前にひざまづくのでした。


 女性たちもまた、自分よりも強いものを屈服させる快感に酔いしれ、集団心理も手伝って、彼に必要以上にむごいお仕置きを加えることになります。


 この倒錯感。


 強かったものが、弱者の結託の前にひれ伏させられるという、ギャップ。


 これこそ、私が求めている「萌え」のポイントと言ってよいかもしれません。
  
関連記事
( 2016/11/19 06:31 ) Category 💛コラム・随想・妄想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://deep-cfnm.jp/tb.php/22-6cfd2e26


ACEアクセスランキング