CFNMの女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM小説、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ、SM体験記、コラム、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。

オトコノコノ刑(後日談①) 




 【オトコノコノ刑】シリーズ、ご好評にお応えして・・と言いたいところですが、たまたまちょっとアイディアが浮かんだので、ちょこっとだけ、続きを書いてみました。(そんなに長くないです、すみません。。。)
 若干粗削りなので、あとから少しずつ書き直したりするかもしれません。


 ※前回までのお話は、
こちら(オトコノコノ刑 本編1)

こちら(オトコノコノ刑 本編2)

こちら(オトコノコノ刑 本編3)



母 「・・・それじゃあね。今日は、みんな集まってくれて、どうもありがとう」


未菜代 「いえ、わたしたちこそ、すっかり遅くまでお邪魔してしまって・・」


杏里 「マサヒロくん、これに懲りたら、明日から、おとなしくなるといいですね!」


麻美 「・・・さすがに、女のおそろしさを、思い知ったでしょ」


りょう 「それだといいんですけどね・・」


麻美 「大丈夫よ。今度から、女子に逆らったら、いつでも言ってちょうだい。厳し~い、お仕置きが待ってるから」


杏里 「さすがお姉さん!」


未菜代 「それじゃ、失礼しまーす」



 「失礼しま~~す」


メグ 希実 芽衣子

とも 彩香 美羽



(クラスの女子たちがぞろぞろ帰って行く。マサヒロは、あまりのショックに放心状態で、立ち上がることもできない)



 その約30分後に、クラスメイトの一人、浦沢美羽の家に、集まる6人の女子の姿があった。

 柑奈、りょう、千秋の仲良し三人組の他に、クラスの中心である学級委員長の浅川未菜代、副委員の長沢杏里である。

 浦沢家は母子家庭だが、母親の美姫が自宅で美容院を開業しているため、クラスの女子たちが集まりやすい環境にあったのである。

 今日は、そこで、女子会が開かれていた。



美姫 「みんな、よく来たわねえ。今、ちょうど最後のお客さんが帰って、後片付けしてるところだから、お茶でも飲んでいて」


美羽 「ママ、お菓子もらっていい?」


美姫 「そこの棚に、お客さんから頂いた甘いお菓子が入ってるからどうぞ」


美羽 「うわ、カリントウだ!!」



(女子たち、なぜか爆笑する)



美姫 「・・・どうしたのよ?」


りょう 「・・・だって、似てるんですもの」


杏里 「ちっちゃくて、細いカリントウが、オ××××に・・」


美姫 「なに?????」


千秋 「お××チンに・・」


柑奈 「やだーー千秋ったら」


杏里 「でも、似てるわよねー。先が細いところとか」


美姫 「んん??あんたたち、小 学生のくせに、なにを、ませたことを言ってるのかな?」


美羽 「だって、ママ、見ちゃったんだよ!」


美姫 「どこで??(汗)」


美羽 「同級生のおうちで。なんか、ジョケン委員会とかいう、こわい女性がやってきて、スカートめくりをするような男子は、いまのうちに厳しくしつけないと、将来性犯罪になるからって、みんなでお仕置きしたのよ」


未菜代 「なんでも、女性のおそろしさを思い知らせるために、そして、二度とスカートめくりをしないように、女の子と同じ恥ずかしい目にあわせるんですって」


美姫 「なによー。それで、みんなも見て来たの?」


杏里 「そうなんです。わたしたちクラス女子は、みんな被害者だから、お仕置きに参加した方がいいんです」


りょう 「そう言ってたわ」


美姫 「へええ。女権委員会か。噂には聞いていたけど、身近でそんなことが行われていたとは・・・美羽、あんた、どうしてママに知らせなかったの?」


美羽 「だって、ママ忙しいじゃない」


美姫 「・・・まあ、いいわ。で、どんな様子だったの?詳しく教えなさい」


美羽 「もう、ママってば」


千秋 「わたしー、動画ありまーす」


柑奈 「ちあき・・いつのまに・・」


りょう 「あ、実はわたしも少し」


柑奈 「マジ?」


美羽 「柑奈はとらなかったんだ?」


柑奈 「えええーーやだ、みんな撮ってたの?」


未菜代 「わたしは、撮りました。動画に残すことは、かれを反省させて、二度と同じ過ちを繰り返させないために、必要ですし」


柑奈 「学級委員長まで・・」


杏里 「いいんじゃない。ニコニコ動画に投稿したりしなければいいんでしょ」


美姫 「それは興味深いわねえ。ちょっと、あんたたち、見せなさいよ」


りょう 「かれが暴れるから、あんまりうまくとれてないけど・・わたしのは、みんなで、彼を押さえつけて、パンツを脱がす場面です」


美姫 「この子だれ?結菜ちゃん?ああ、いつもマサヒロにイジメられてた子ね?」


杏里 「クラス女子の決定で、おちんちん丸出しの刑に決まりました。いちばんの被害者である結菜が、代表で脱がすことになりました」


美姫 「ほほーー。被害者の女子に、みずから裁かせるのが、女権委員会のやり方ね。これじゃ、男の子だって、脱がされたくないから、暴れたでしょう」


柑奈 「滅茶苦茶暴れたから、わたし、パンツの上から、時々オチンチンを蹴ってやりました!」


りょう 「あ、わたしもー」


美羽 「そしたら、おとなしくなったわね」


杏里 「結局、みんなで押さえ込んで、脱がしたんだけど」


柑奈 「泣きわめいて、嫌がるのを、みんなで色々言いながら、パンツ脱がしちゃうの、ちょっと快感だった(笑)」


美姫 「あらららら。あっという間に、脱がされちゃったわねー」


千秋 「で、続きが、こちらでーす」


柑奈 「うわー、えぐい!」


りょう 「これはえぐいですねー」


美羽 「いきなり、チンチン丸出しのアップとは・・」


りょう 「あれ・・ちょっと毛が生えてるね」


杏里 「うわーほんとだ。さっきは、夢中で気がつかんかった!」


千秋 「わたし、きづいてたよ」


杏里 「うぶ毛がカワイイ(笑)」


柑奈 「マジですか?これは、恥ずかしいですねー」


美羽 「あした、みんなにも教えてあげよう(笑)」


千秋 「このあとで、チンチン縛られちゃうんだ」


美姫 「なに?ひもで?」


杏里 「なんか、ゴムでできた紐というか、バンドみたいな道具。オチンチンを、根元から縛るための、専門の道具なんですって」


美姫 「へえええ。そこまでやるんだ。女権委員会、すごいな」


柑奈 「なんかうまく縛れてないね」


りょう 「わたし、手伝ったけど、なんか、ぐにゃぐにゃして、変なんだよ」


千秋 「オチンチンが逃げる」


未菜代 「コツがあるのよね」


りょう 「そう。このあと、教えてもらうんだけど、棒の部分だけでなく、タマタマの部分を、片方の手で、こう、一気に握りつぶすように、根元を押さえるんだって。動物の乳しぼりみたいに」


柑奈 「あ!いま、マサヒロ、泣いた(笑)」


りょう 「女権委員の先生が、お手本で、握りつぶしたのよ」


千秋 「で、きつく縛り上げると、タマタマがふくらんで、ちんちんが上を向くのよね(笑)」


柑奈 「これがカリントウそっくり(笑)」


美姫 「このあと、どうなるの?」


杏里 「縛り上げたオチンチンを、みんなでしばし観察(笑)」


未菜代 「動画、あるわよ」


千秋 「タマタマ、アップ!」


りょう 「わ。これもまた、エグイ(笑)」


杏里 「さすが、学級委員長!」


美姫 「ぱっくり開かされてる・・・女が大勢いるんでしょ?」


美羽 「なにいってるのママ。はじめから女しかいないわよ。わたしたち入れて、30人近い」


美姫 「うえええ、それで、オトコの子ひとり、裸でさらしものか~~。ここまでやるか?!」


りょう 「見て!閉じようとすると、先の細い鞭で、太ももや、お尻をピシピシ叩かれるから、いやでも、自分から、股を開いてポーズをとっていなくてはならない」


千秋 「これぞ、お仕置き!!」


美姫 「へえ。うちでも取り入れようかしら」


美羽 「やめてよ、ママ。これは、男の子用のお仕置きで、女子にやるのは、禁じられているのよ」


美姫 「冗談よ。それより、次はなに?よつんばいにさせられてるけど」


美羽 「ここからは、わたしの動画でーす。わたしはエグイのは苦手だから、遠くから撮ります」


杏里 「離れると、人数がいるのがわかるわね」


美姫 「本当だ。おとなの女もずいぶんいるわね。あ、先生もいたんだ。それなら、やっぱりわたしも参加すればよかったな・・」


りょう 「これは、なにをされているんだっけ?」


未菜代 「よつんばいで、順番にお尻を叩いたのよね。お尻ペンペンはお仕置きの基本だからって」


美姫 「あ、見て。倒れそうになると、オチンチンのたづなが引き締められたわ」


美羽 「ママ、夢中(笑)」


美姫 「もっと他に動画ないの?」


未菜代 「あります」


りょう 「でた!学級委員長のエグイ動画」


千秋 「ふたたび、オチンチンの鑑賞タイム!」


りょう 「なんか、おちんちんがムラサキ色になってる」


美羽 「うわー、グロイですねー」


杏里 「・・これは、モザイクかけないと、表には出せないわね・・」


美姫 「みんなで、かれを取り囲んで、言葉で責めてるのは分かるけど、よく聞き取れないわね」


未菜代 「時間が経つにつれ、オチンチンの血流がとまり、このままお仕置きを続けると、二度と使い物にならなくなるのだそうです。それで、その場にいた女全員が審査員になって、かれの反省をたしかめて、全員がうんと言ったら、ゴム縛りを外してあげるってことになったんですけど・・」


柑奈 「審査員も厳しいんで(笑) なかなか合格しなかったのよね」


美姫 「あ。聞こえた。『ほーらほらほらほら、このまま合格しないと、あんたのおちんちん、腐っちゃうわよ!まあ、それでもいいか?女になれば。あーっはっはっはっはっはっは・・・・』やっぱり、男の子一人に、女がよってたかって・・エグイわねえ」


美羽 「なに言ってるのママ。さっきから、食い入るように動画見てるくせに」


美姫 「・・うるさいわねえ。これは、男の子に対する教育でしょ?さっそく、PTAのお母さんたちとも協力して、他にもふさわしい事例がないかどうか、研究会を立ち上げることにします。できれば、このマサヒロって子にも、会ってみたいわね。ほんとうに、反省したのか、たしかめる必要があるでしょ?」



-----------------------------------------


マサヒロくんの受難は、まだまだ続きそうですね。

とりあえず、今回はここまでとなります。



関連記事
( 2017/08/15 01:59 ) Category お仕置きCFNM | TB(0) | CM(6)
後日談面白かったです。
PTAのママ達が娘の復讐としてマサヒロ君をいたぶるのを期待してます。
他のクラスの女子達や下級生の女子達、クラス女子の姉である女子中学生や女子高生が、女性達の繋がりでどんどん加わってくるので、マサヒロ君の受難はまだまだ終わらないでしょうね。
[ 2017/08/15 10:26 ] [ 編集 ]
エロDVDを仲間同士で観る女バージョンのようで、実にエロいです。
[ 2017/08/15 17:10 ] [ 編集 ]
私の妄想でリクエストしたいのが「オトコノコノ刑pato2」で別の男の子の話であって小学校1年生の悪ガキの男の子が上級生の女の子や担任の女の先生にお仕置きされて更に幼稚園児の妹と妹の友達の幼稚園の女の子たちにもお仕置きされるなど、第2弾として新作「オトコノコノ刑pato2」をリクエストします。無理して急がなくても大丈夫です。きっと皆さん爆笑すると思います。
[ 2017/08/16 18:53 ] [ 編集 ]
> 名無し様

ありがとうございます~。今後の展開ですが、いろいろ考えられますね・・。

PTAママや女教師など、おとなの女性にいたぶられるパターンや、同級生女子、それに、姉世代、妹世代・・それらの混合軍団など・・夢がふくらみます(笑)
[ 2017/08/18 01:25 ] [ 編集 ]
> ヒロ様

そうそう、それが狙いです。(*´▽`*)
[ 2017/08/18 01:26 ] [ 編集 ]
> yasumin 様

そうですねー。あんまり年が若くなりすぎると、いろいろな意味で大変ではあるんですが(苦笑)

シチュエーションや、登場人物などを変えて、いろいろ書いてみたいとは思っています。
[ 2017/08/18 01:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://deep-cfnm.jp/tb.php/184-613fcdb8


ACEアクセスランキング