CFNMの女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM小説、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ、SM体験記、コラム、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。

民進党の『VR蓮舫』に想ふ 




 民進党が、『VR蓮舫』をプロデュースしたという記事が少し前にニュースになっていましたね。蓮舫さんに追及され、コテンパンにやっつけられる体験ができる・・という意味不明なVRソフトのようで、ネット住民の間では、ネタとして面白がる人、仮にも最大野党の不真面目さを批判する人など、反応が割れるようですね。


 私は、政治的なことには興味がありませんし、このブログで民進党の行為の是非について語るつもりはもちろんないのですが、一点だけ、「なるほどな~」と関心したのは、VR技術の使い道についてです。


 科学技術を大きく進歩させるのは、「戦争」と、「エロ」だと私は思っていますが、今後のVRの普及も、良質なアダルト・コンテンツがどれだけ出現するかにかかっていると言っても過言ではないでしょう。


 そして、VR技術を利用して作るアダルト・コンテンツって、実は、CFNM系のビデオと最高に相性がいいのではないかと・・考えています。具体的には、一人の全裸の男性(つまり、VRを装着しているあなた)を、集団女性が取り囲んで、わいわい責めるようなものが、内容として作りやすいのではないかと思います。


 理由は簡単で、三次元に限りなく近いリアルな映像が目の前に広がったとしても、映像中の女性が、VRを装着している男性(つまりあなた)に触れたり、なめたり、気持ちよくしてくれるわけではない、ということです。ようは、どんなに技術が進化してもリアルな映像を前にオナニーをすること自体は変わらないのですね。


 だったら、最初から、女性たちに囲まれてオナニーをさせられるような内容の作品をVRで作ればいいじゃないか・・それが、一番作品としても自然だし、成功するんじゃないか、という発想です。


 たとえば、私なら、こんな作品を作ります。


 VRによって、目の前に広がる女子更衣室の風景。


 で、ひたすら目の前で、大勢の女性たちが、わいわい、きゃあきゃあ言いながら、楽しそうにお着替えをします。


 自分は、ロッカーか何かに身を隠しながら、息をひそめて、それを見守っているという設定です。この段階で、女子校制服 → スクール水着など、女性の生着替えを堪能できます。(人によっては、これだけで十分、という方もいるでしょう)


 ・・で、30分くらい鑑賞したところで、Aボタンを押すと、隠れて見ていたことが女性たちにバレてしまい、ロッカーから引きずり出されるモード発動となります。


 怒り心頭の女性集団に取り囲まれ、「ヘンタイ!!」 「のぞき魔!!」 「チカン!!」 「信じられない!!」 などと、罵倒されます。


 あとは、お決まりの展開ですが、「脱げ!!」 「脱げ!!」 「脱いで、オナニーしろ!!」 「わたしたちが見てる前で、オナニーしろ!!」 「わたしたちの着替えも見たんだから、それくらいの罰は当然だ!!」


 ・・ものすごい大勢の女性の前で、屈辱的な全裸オナニーを命じられる臨場感がハンパないと思うんですが、どうでしょうか。


 これは、女子校編、大企業の秘書室編、プール編、女湯編など、いくらでもバリエーションが作れるところがミソですね。



 蓮舫さんに罵倒される(?)『VR蓮舫』、これって、意外とVRの特徴をよく理解している人が作った傑作なんじゃないかと個人的には想像します。(残念ながら、私、蓮舫さんには萌えませんが・・・。)



関連記事
( 2017/04/04 20:52 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(4)
大量の女性達に罵倒されるVRぜひ欲しいです。
VRも進化すれば3Dモデルを好きに入力してとか自分でカスタマイズが出来そうですよね。
[ 2017/04/04 23:32 ] [ 編集 ]
> VRも進化すれば

そうですね。この分野、ものすごく可能性があると考えています。それこそ、一歩間違うと、VRの世界が楽しすぎて、リアルの世界に戻って来られなくなるくらい・・・。

ものすごい大勢の女性(100~1000人以上)とかの"夢"も、かなうかもしれませんね。
[ 2017/04/05 01:58 ] [ 編集 ]
確かにVRのエロ業界進出には大いに期待してしまいますよね。
そして、福村さんの考える作品には私も共感します。
映像に触れることは出来ないわけですから、自分で抜くしかありません。
どうせ抜くなら、見てもらわない手はありませんよね。
ものすごい大勢の女性の前で、屈辱的な全裸オナニーを命じられる臨場感。
欲を言えばキリがありませんが、会話できるロボットの技術を取り入れて、女性たちとの若干のやり取りでも出来れば最高です。
例えば
女性A「おまえ、ここでずっとあたし達の着替えを覗いてたんだろう!」
わたし「いえ、違うんです、場所を間違えてしまって」
女性B「ウソつけ! なんで間違えてロッカーの中にいるんだよ!」
わたし「あ、確かにそうですね」
女性C「確かにそうですねじゃねえよ、てめー舐めてんだろう!」
みたいな。
でも、もしここまで来たら、現実とバーチャルの世界との区別がつかなくなってきそうでチョット怖い気もします。

[ 2017/04/05 13:54 ] [ 編集 ]
>会話できるロボットの技術を取り入れて、女性たちとの若干のやり取りでも出来れば最高です。

それは、私も夢想しますね~。会話の流れ次第で、ストーリーが変化する(逃げようとしたり、反抗的な態度をとると、女性たちがより激しく攻撃してくるなど)と面白いですし、たぶん、未来の技術では可能になる気がします。

しかし、仰るように、ちょっと怖いですね。

みんな、ふつうの生殖行為とか、しなくてもよくなってしまい、ただでさえ低下している出生率がますます低下し、やがて人類が滅びるような気がします(笑)
[ 2017/04/06 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://deep-cfnm.jp/tb.php/127-ab4ae923


ACEアクセスランキング