CFNM動画小説の女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

ひとりぼっちの男性が集団女性に裸にされ、嫐りものにされる“CFNM”にこだわったブログです。オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、集団リンチ、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ・・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。


■このブログの新着記事■
■おすゝめサイト様の新着記事■

■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


月別アーカイブ  [ 2018年01月 ] 

超絶女家族 




 さて、お正月も4日になってしまいましたが、みなさん明けましておめでとうございます。


 3日まで、田舎の実家へ帰っていました。


 私の家族と言えば、以前、超絶女社会だったと書いて、「うらやましい!」というコメントやメッセージをいただいたものですが、この年になると、ぜんぜん別の意味で、女家族で良かった・・と思います。


 ほら、男兄弟とかだと、お互いに張り合ってケンカしたり、最悪、親の介護や相続でもめたりすると言うじゃないですか。


 この点、女性はいいですね。穏やかで、みんな仲良しです。



女性優位時代
(※これはネットで拾ったイメージ画像)



 特に、うちの場合は、6歳年上の姉を頂点として、

 姉 > 母 > 妹A = 妹B > 祖母 >> 犬(♀) >>> 私 

 ・・という明確なヒエラルキーが存在するので、 張り合ってケンカしたりすることはありません。


 ちなみに、姉はまだ独身でして(こういう言い方すると、もちろんしばかれます。基本フェミニストなので結婚とかどうでもいいはずなんですが)、しかし女のコドモが一人います。これが小学4年で滅茶苦茶かわいくなっていた。 (*´Д`)


 まさにお姫様です。それに、心なしか、服の上から見て、もう胸が小さく丸くふくらんでいるのが分かります。(←ヘンタイ)




(※顔、撮らせてくれませんでした・・)



 妹Bは結婚して、2歳のオトコノコがいます。夫が運送会社勤務なので、正月なんかは、まず現れません。


 現時点での順位は、

 姉 > 姉の子 > 母 > 妹A = 妹B > 祖母 >> 犬(♀) >>> 私 

 ・・ですかね。。


 相変わらずの超絶女社会です。(妹Bの子は、まだ男としてカウントしません)


 お正月3日は、さらに叔母(母の妹)と、その娘2人(つまり、いとこ)、いとこが生んだコドモ(男児1名、女児1名)が加わって、大にぎわいとなります。


 まさに女子会です。もはやヒエラルキーの順位も定かではないですが、姉が頂点であり、私が最下級戦士であることだけは間違いありません。


 だからといって、今さら、エロい物語は何も起きないのですが、(※たとえば、正月恒例の大貧民大会で、ビリになった僕が、酔っぱらった姉の命令で、着衣をはぎとられるとか、そーいうの)
 一つだけ、ひそかな愉しみは、ズバリお風呂ですね。


 あああ、もちろん一緒に入るとか、僕がのぞいてバレて女性たちからしばかれるとか、お仕置きのためにオチンチンを丸出しにされて一定時間さらしものにされるとか、そういうことではないです。


 田舎でお風呂は大きいんですが、当然、最下級戦士の僕は、一族の女性たち全員が入り終わった後で、姉のお許しを得て、一番最後に入浴が許されます。(と、いうことにしておきます)


 このときの湯舟が・・・なんといっても・・・・いや、これを言ってしまってもいいんだろうか・・・ (*´Д`)ハアハア


 大勢の女の、汗と、アブラと、髪の毛と、もっと違う部位の毛が入り混じった、ものすごくキタナイ"汚腐呂"なんです。


 優しい姉は、「おふろ、よごれてたら、最後、出るときに洗っておいてーーー」 ・・と言います。


 オマエ、よごれてるなんてレベルじゃないぜ!! (# ゚Д゚) ゴルァ!!


 目の前の風呂釜には、ま●こ臭い、穢れた汁が満載じゃい!!! (だが、それがいい・・)



だがそれがいい
(※『だがそれがいい』 原哲夫作、花の慶次(ジャンプコミックス)より)



 ・・・もちろん、最下級戦士の僕は、否応もなく、「はい!」と返事をするしかありません。


 そこからの30分は、夢のような時間です。


 あんまり長く入っていると怪しまれるのですが、お風呂掃除、という名目があるので、多少は長くなっても大丈夫です。


 実は、少年時代から、姉たちが入った後のお風呂で、ひっそりとオ●ニーするのが、愉しみになっていたのですね。


 むかし話ですが、姉の血のついたパンツがうっかりお風呂でおけにつけたまま放置されていたことがあって、僕は夢中でそれを味わい、精を放出しまくったものでした。(実話)


 全員のお風呂が終わると、カラオケ大会が行われます。自宅のカラオケマシーン使用です。(父の没後、母が僕らを育てるために一時期カラオケスナックをしていたことがあり、その名残)。とうぜん、新曲とかは更新されておらず、昭和テイストの古い楽曲ばかりです。


 それでもそこそこ盛り上がる。そして、ここでも私のひそかな愉しみがあり、それは、姉が C-C-BのRomanticが止まらない を歌う確率が高いということです。


 言うまでもなく、この曲は、TBS系連続ドラマ「毎度おさわがせします」の主題歌でして、僕の中では、ものごころついたときから、女性たちに追いかけ回されたあげく、よってたかってパンツを脱がされるときに流れる歌であり、姉たちにとっては、悪い男を成敗するときに流れるゴキゲンな歌・・・なのでした。




★参考記事『毎度おさわがせします』の思い出 その2



 唯一の懸念は、超コワい姉が、僕の性癖にうすうす気づいているのでは・・・ということです。(いや、気づいているような気がする)

 
 お姉様、お母様・・・女性に囲まれて育った僕は、こんな立派なヘンタイになりましたよ。本当にすみません。。。でも、しょせんドエム男子だから、女の人を傷つけたり、無理やりエッチなことをしたりはしません。そこは、安心して下さい。。。(*´Д`)



【参考動画】
養子になったら男は僕一人ぼっちだった…。
養子になったら男は僕一人ぼっちだった…。

(※こんなシチェーション、普通はまずありませんてば)

 
 
  
姉とお風呂に一緒に入ったのは、たぶん小 学校1年まで。わりと早い段階で、シャットアウトされた気が・・・。
 
  
( 2018/01/04 11:52 ) Category 体験談・妄想・告白 | TB(0) | CM(8)

ACEアクセスランキング