CFNMの女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM小説、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ、SM体験記、コラム、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。

私の履歴書(2)結構、ドエムとドエスは紙一重なのかも・・ 




 今回の投稿は、若干、みんなに引かれるかも・・。あるいは、ものすごく怒られるかも(どこかの方面から)・・


 でも、ふだん思っている本当のこと。


 実は私、、、


 当ブログなどを通じて、『ドエム男子アピール』をしているわけなんですが、その一方で、女性を滅茶苦茶に凌辱したいという"S的"願望もあります。


 ・・・ほら~~~怒られた。 それに、どこからか、「フクムラらしくないっ!!」という声も聞こえて来ます。


 でも、本当なんです。


 思えば、小さなコドモのころ。たぶん、記憶では、幼稚園か、小 学低学年くらいだったと思うんですが。


 姉が可愛がっていた、"ぬいぐるみのミーちゃん"を、解剖して、中身をばらばらに取り出すことで、ひそかな性的興奮を覚えていました。(※もちろん、後で姉にしばかれ、ヒドイ制裁を受けることになるんですが、それとは別の話です)


 なんとなく、おさな心に、『その行為』を、まわりのおとなたちに、決して見られてはいけない・・後ろめたい行為なのだということは、本能的に感じていました。


 今思えば、私は、『あの行為』の、どこに感情移入していたのだろう・・。


 可愛らしいミーちゃんが、嫌がるのを、無理やりカイボウする、その残酷な行為自体にのめりこんだのか。


 それとも、嫌がっているのに、無理やりカイボウされてしまう受動性に愛を感じたのか。


 正直分かりません。たぶん、それは五分と五分。この時点では、どちらに転んでもおかしくなかったと思います。


 その後、どうしたことか(まあ、色々あって)私の性癖は、高校生くらいで、"ドエム"の方向で確定するわけなんですが、たぶん、それは偶然。ちょっとした歯車の違いで、"ドエス"の方向で確定していても、さほど不思議ではないと思っています。


 知り合いの某女王様も、『SとMは、実は紙一重』と仰っていましたし。


 プラマイゼロの基準点から、振り子のように、"S"と、"M"の間を行き来する。


 私のように、"M"の側に、大きく傾斜している人間は、振り子の作用で、大きく"S"の側にふれようと思えば、ふれてしまうこともある。


 "M" の谷が深いぶん、"S"の山も高い・・かもしれない。


 そんな風に思っています。


 でも、まあ、とりあえず、『ドエム男子』で良かったと思います。


 私が、同じ熱量を保ったまま、もし、『ドエス男子』だったら。。。思うと、ゾッとします。


 たぶん、猟奇殺人犯とかになって、まっとうな生涯を送ることはできないでしょう。


 それくらい・・女性たちに凌辱され、あるいは嫐られ、搾り取られたい・・という私の"M衝動"は、深いものがあります。


 被虐側に身を置いている限り・・・とりあえず、他人を物理的に傷つけることは、ない、と思えます。



CFNM小説の女性優位時代



 ・・いつもホンワカとした癒し系で、小柄で、かわいい職場のアイドルMUさん。 彼女を拉致して、、


 ラブホのお風呂場で、下着姿で彼女を縛り上げ、利尿作用のあるサプリを飲ませ、おしっ こを我慢させる。


 お漏らししちゃったら、濡れたパンティを脱がし、シャワーで丁寧に洗い流した後で、剃毛のお仕置きをする。


 パイパンになったオマ ンコを一瞥し、「俺の、入れて欲しいなら、自分からお願いしろよ」そう言って、自分はビールを飲みながら、映画でも見ている。


 自分が直接手を下す必要はない。アシスタントの女子2名(ASと、TM)が、細部まで、俺の思うままに、MUを凌辱する。


 お風呂場で、泣き叫ぶMU。反響する声がかわいい。


 俺は、獣欲のままに、MUを犯してもよいし、MUをしり目に、AS、TMと愉しんでもよい。


 そのような絶対的な権力者である俺が気付かないうちに、足元から崩壊する事態が起きた。

 
 絶対的な主従関係にあったはずのAS、TMが、いつの間にか、おそるべき女権委員会に懐柔され、その手先となっていたのである。


 「いままで気づかなかったあんたが迂闊なのよ!!」 TMが嗤う。


 「あなたが、MUさんにしてきたこと、上層部には、全部、報告済みですからね!覚悟した方がいいわ」 ASも言った。


 気が付けば、俺が根城にしていたホテルは、女権委員会が派遣した20~30人もの女闘士たちに取り囲まれている。


 保護されたばかりのMUは、俺の悪事(女性に対する人権侵害)を、なまなましく証言する。


 もう逃げられない。 俺は、自分の城から女たちに引きずり出される。


 麻袋をかぶせられ、女性たちの秘密アジトに連行された俺は、これまで自分が女にしてきた凌辱行為と、まさに同じ(いや、その何倍もの)仕返し行為を、これからずっと、味わわされることになるのであった・・・。


 (※あ、これだと、結局、いつもと同じ展開でしたねっ★)
  
( 2017/11/29 01:10 ) Category 体験談・妄想・告白 | TB(0) | CM(3)

【動画】CFNM高校教師 (^^♪ 




CFNM小説の女性優位時代


 久しぶりに無料動画の紹介記事です。

 担任教師がクラス女子とひそかにできちゃってるのがバレて・・他の女子生徒たち(大勢)と、女性教師まで加わり、すさまじい性的リンチを加えられるという・・なんとも私好みの設定ですね。

 (※動画はこのページの下の方にあります)


女子校生のペニバン

 もうね、大勢の女子に取り囲まれ、よってたかって・・という絵面だけで、この動画は私的に高評価です。(*´Д`)




 「こいつ、脱がしちゃおうよ!!」で、女子たちにいっせいに脱がされる展開は大好物です。




 20人くらいいるかな・・クラスの女子全部集まっていると解釈してよいでしょう。。




 「あなたの大好きな先生の屈辱的な姿を、よく見ておきなさい!!」 

 これは、素晴らしい展開。この作品の監督さんは、「志」がありますね。




 ひそかに愛し合っていた彼女の前で、無残にも全裸にさせられ、ミニスカ女子軍団に屈服させられる高校教師。みじめすぎる・・。




 なぜか、一人だけ突然トップレスになります。意味が分かりません。「大事な彼女の前で、凌辱される屈辱感」みたいなのがテーマだと思うんですが、この辺の展開は、やや強引の感をぬぐえない。






 まぢかでアナル・レ●プを見させられる。先生の威厳も、プライドも粉々に打ち砕かれる。




 しかし、女子校生が当たり前のようにペニバンを装着し、全員下着姿になって先生をアナル・レ●プとかって、なんてシュールな世界観なのだろう。こんなのあり得ない。あり得ないんだけど、一人の男が、圧倒的多数の女性に制圧され、滅茶苦茶に凌辱されるという・・この絵面だけでいいんです。




 先生のことが大好きな彼女まで、強引にペニバンを装着させられ、凌辱行為に加担させられる。

 「志」を感じる瞬間です。

 あえていえば、最初は嫌がっていた彼女が、先生のふがいなさ、みっともなさに次第に怒りを感じるようになり、最後は女子側に寝返って、率先して先生を凌辱する展開だったら、さらに萌えだった気がします。

 あと、『大事な人の前で凌辱される』がテーマであれば、無理にペニバン・レ●プに結びつけなくても良かったかも・・。

 たとえば、イジメられっ子のお兄ちゃんが、妹の前で、全裸強制オナニーをさせられるとか、それだけでいいんだ。

 そして、やっぱり女性は脱ぐ必要はない・・。男はみじめな全裸、女性はきっちりと着衣を着込んでいる。だからこそ、男の屈辱感が増す・・これがCFNMの王道であります。

 以上、あくまでも私の個人的な感想でした。


CFNM,集団リンチ

 女性って、ほんとうに残酷な生き物ですね~。 (*´Д`)ハア~


 ※前にもこの動画は紹介したことありましたね・・。こちら



 (PORNHUB)


(あとこんな動画もあります※相互リンクしている他の動画サイトに飛びます)

   
( 2017/11/18 22:47 ) Category アナル凌辱 | TB(0) | CM(6)

女性優位時代のお仕置き一例 




 やや久しぶりの投稿になってしまいました。

 単に本業が忙しくて、じっくりと妄想する時間がないだけです。いや、日々妄想はしていますが、それをネット上に表現する時間がないだけ・・という方が正確ですね。決してネタが尽きたわけではありませんし、情熱を失ったわけでもないので、ご安心下さい。

 この女性優位時代も、本館である近未來小説も、「楽しみです」と言って下さる皆さまのおかげで成り立っています。

 マニアックな分野だからこそ、本当にそう思います。感謝感謝。

 

 ・・さて、久しぶりにちょっと気になる動画を見つけたんですが、外国もので、無修正なので、動画へのリンクは自粛。

 キャプチャ画像だけですが、私の妄想ストーリー的に並べてみました。


 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 


 20××年の通常国会で、『フェミニズム推進法(いわゆる女権法)』が成立した後、日本全国に『女権擁護委員会』が設置され、"チカン=即去勢運動"や、"ポルノせん滅運動"など、男から見ると、脅威としか言いようのない状況が続いている・・。

 男の権利は、過激な女権運動によって制限されている。

 ・・そんな近未来において、フェミニズムの先進国である米国のビデオが手に入りましたので、ご紹介します。

 女権委員会に連行されたのは、ハイスクールに通うジョー君(仮名)だそうです。



(1) 母親 「あんた、今日はどうしてここに連れて来られたか、分かってんの??」

    「知るかよ!!」


(2) 女権委員長 「あなた、自分がしたこと言ってみなさい!!」
   ママ友 「うちの娘に何をしたの!」
   同級生の姉 「わたしの妹に何をしたの!!」

    「し、しらねえよ!!」


(3) 女性たち 「どうしても白を切る気なら、こっちにも考えがあるわよ!!」

    「なにをする!?やめろっ!!」


(4) 女性たち 「女の子を傷つけた罰だよ!!」


(5) 女性たち 「服を脱いでこっちによこしなさい!!」


(6) 女性たち 「抵抗しても無駄よ!!」


(7) 女性たち 「ズボンも脱ぐの!!」


(8) 女性たち 「こら!!暴れるな!!」


(9) 「やめてくれっ!!」


(10) 女性たち 「白いパンツなんて、まだコドモだね!!」


(11) 女性たち 「パンツも脱ぎなさい!!これは命令よ!!」


(12) 「や、やめてくれえええ!!!」


(13) 女性たち 「いいから脱がしちゃえ!!」


(14) 「許してくれ!!」


(15) 女性たち 「ほらッ!!手で隠すんじゃないの!!」


(16) 女性たち 「あんた、どうして自分がこういう目にあうか、分かってんの?」


(17) (腕時計も外すように命じられる)


(18) 母親 「まだまだ子供のくせに、恥ずかしがるんじゃないの!!」


(19) 女性たち 「ぜんぶ脱ぐのよ!!」


(20) 


(21) (ソックスまで脱がし、完全に丸裸にしてお仕置きするのが女権委員会のやり方)


(22)


(23)


(24) (乳首をつねるお仕置きは、この後に待っている厳しい性的お仕置きの前触れにすぎない・・)


(25) 女性たち 「隠すなって、何度言わせれば分かるの!」


(26) (あえて恥ずかしい思いをさせるのもお仕置きのうち)


(27) 母親 「子供のオチンチンなんて、見ても何とも思わないわよ」


(28)


(29) (屈辱的なポーズで身体検査?)


(30) (全裸でのスパンキングは、単にお尻を叩かれる痛みだけではなく、心理的に屈服させる意味がある)


(31)


(32) (よつんばいにさせられ、背後から生殖器を嫐られる)


(33) (お尻の穴まで完全にさらしものにされる)


(34) (女性たちは、厳粛なお仕置きと言いつつ・・オチンチンを責めたくてウズウズしている様子)


(35) 女性たち 「手、どけなさいって!!」


(36) 


(37) (女権委員長の権限による、オチンチン検査が行われている)


(38) 女性たち 「女の子と同じ気持ちを体験させてあげる」

 「やめてくれえええ!!」


(39)


(40) (まるでオシメをかえてもらうような屈辱的なポーズをとらせられる。このビデオは、女権委員の研修会などで教材として使用されることもある)


(41) (髪の毛を押さえつける被害者の姉の様子から、彼女の怒りが伝わって来る)


(42) (ローションもなしで容赦なく指を入れられる。「レイ プされる女が濡れるはずがない」・・というのが女権委員会の理屈)


(43) 「許して下さい!!もうしませんからっ!!助けて下さいーー!!」

 女性たち 「まだまだ、女の子の受けた傷は、こんなものじゃないの!!」


(44) (少年は、女権委員会によって、幼なじみの女子をレ●プした報いを受けた。それは仕方ないとしても、この体験で、彼は完全に女性恐怖症におちいってしまったのである・・)


  
( 2017/11/11 10:01 ) Category お仕置きCFNM | TB(0) | CM(6)

ACEアクセスランキング