CFNM動画小説の女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

ひとりぼっちの男性が集団女性に裸にされ、嫐りものにされる“CFNM”にこだわったブログです。オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、集団リンチ、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ・・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。


■このブログの新着記事■
■おすゝめサイト様の新着記事■

■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


『毎度おさわがせします』の思い出 その1 




『毎度おさわがせします』 TBS/1985年作品 主題歌:C・C・B/Romanticが止まらない


中山美穂さんの出世作ですが、そういうことよりも、CFNMマニアには垂涎の作品と言えるのではないでしょうか。


私は子供のころ、再放送だったと思うのですが、母親や姉たちと一緒に見て、ものすごくどきどきした覚えがあります。






女子更衣室を天井からのぞき見する男子3人組。






お約束のように、女子に見つかります。

当然の制裁として、「こいつらも脱がしちゃえ!!」となり、、、

せまい女子更衣室内で、ジャージや、制服、ブルマ姿の女子に、集団で襲いかかられます。(←はい、ここ、ポイントですね)



間一髪、パンツ一丁にされたところで、逃げ出します。

逃げる男子、追う女子。

街中を全力疾走します。この必死感が、たまらない。

よく見ると、男子の一人は、バスタオルを巻いて逃げています。(←ここ、ポイントです)

女子更衣室内で、女子たちに、すでに一度パンツを脱がされてしまったのでしょうか・・・。

たまたま目についたバスタオルを引っつかんで、かろうじて恥ずかしい部分を見られないように工夫しているところが涙を誘います。




結局捕まってしまい、多勢に無勢で、丸裸にひんむかれてしまう(?)のでしょうか。


今だと、もっと過激なドエム系のビデオがいくらでも手に入る時代なので、昔のようなドキドキ感はないかもしれませんが、私のドエム願望の原点とも言える作品なのでした。


大勢の女子に追いかけまわされて、捕まったらパンツを脱がされる・・・・というシチュエーションは、永遠のあこがれです(笑)


※参考記事(『毎度おさわがせします』の思い出 その2)
 
( 2016/12/14 23:55 ) Category パンツ脱がし・カイボウ | TB(0) | CM(6)

女の集団にパンツを脱がされ、男性器を鑑賞される 




 女性に、「オチンチンを見せつけたい」という願望と、


 「オチンチンを見られたい」


 という願望は、似て非なるもの・・・・だと思うんですが、どうでしょうか。


 ドエム願望は、後者の方です。


 集団女性に取り囲まれ、嫌がっているのに、無理やりパンツを脱がされて、死ぬほど恥ずかしい部分を、よってたかって、鑑賞されてしまう。


 「ちっさい!」


 「すごい皮かぶっている」


 「コドモのオチンチンみたい」


 「引っ張ってみようよ!」


 ・・などと、屈辱的な言葉をあびせられながら、女の人たちに「見られる」のと、


 自分から「見せつける」のは、ジャンルが違います。


 「露出願望」と、ひとくくりにしてしまうのは、ちょっと違和感がある・・・・。


 もちろん、私は後者です。 ※参考記事(あらためてCFNM小説について考えてみた)





 
( 2016/12/12 22:52 ) Category パンツ脱がし・カイボウ | TB(0) | CM(1)

【動画】瞳れん様がタイ古式マッサージって、そんな無茶な 








瞳れん様がタイ古式マッサージ・・・・そんな無茶な。絶対に、まともなエステで済むはずがないです。
やばい。ぜったいに、やばい。でも、ちょっと惹かれる・・・。








 ・・で、購入してみたところ、これが大失敗でした!


 「イク、イク、イク、やばい、いかせて、気持ちいいい!!」 M男が絶叫します。



 ↓ サンプル動画 ↓ (※見なくていいです)



 この作品を撮った監督さんは、絶対になんか勘違いしている。


 僕たちは、M男のあえぎ声が聞きたくて、この手のビデオを購入するわけではないと思うんですけどね。 


 M男の声が大きすぎて、肝心の女優の責めが聞こえなかったりして・・。


 瞳れん様だけでなく、出演女性のレベルが高いだけに、ひっじょ~~~に残念だった作品です。
 

 (゚Д゚)ゴルァ!

2017.4.6 記事リライト


( 2016/12/11 00:00 ) Category 💛その他のフェチ動画 | TB(0) | CM(0)

【動画】匂うパンストで匂いフェチ男を弄ぶOL達 







もう一つ、関連動画をば。


そういえば、○学生のときに、ドキドキしながら、街の自販機ではじめて買ったエロ本が、


「OLさんのパンストもの」だったな~~。


・・・・遠い目。



( 2016/12/10 10:57 ) Category 💛その他のフェチ動画 | TB(0) | CM(2)

【動画】パンスト地獄 




パンスト地獄





 個人的には、20代後半~30代半ばくらいまでの、女ざかりのOLさんの、タイトなスカートからのぞくパンストが大好物です。


 ちょっと不良な感じのOLさんが、タバコ吸ってお仕事をさぼっているのを、やんわり注意したら、逆切れされて、女子更衣室に呼び出され、パンストリンチ!! 汗と、香水と、血液のむせかえるような匂いの中で、気が遠くなる・・・・なんて、「夢」ですねえ。


 当該作品は、とてもソフトな路線で、私にはやや物足りない(もっと激しくリンチされるような作品の方が好み)ですが、パンストフェチは、ドエム願望に欠かせない要素と思います。


 また、パンスト地獄、というタイトル自体が、潔い。



 
 
( 2016/12/10 10:38 ) Category 💛その他のフェチ動画 | TB(0) | CM(0)

超急進的なフェミニスト集団に捕らえられ、男性性を否定される拷問をされる 




 ここで紹介しているのは、アダルトグッズショップのNLS様の取り扱い商品です。


 男性生殖器に対する拷問具♪♪の数々ですね。


 本格的なSM用具だと思うんですが、私の場合は、もう少しストーリー的な要素をからめた妄想にかられてしまいます。


 完璧な女権国家の樹立を目指すフェミニスト集団。


 彼女たちの思想は、男女共同参画とかではなく、政治・経済・文化・司法の中枢部から男を排除し、女性優位の社会を作り上げること。


 生殖医療が進歩している近未来においては、女性だけで子供をうみ、子孫を残すことができるので、男は不要となる。


 そのような女性支配の社会では、チカンや、性犯罪に対するお仕置きとして、あるいは、彼女たちのルールに反抗する反乱分子に対しては、ここで見られるような、「男性性を徹底的に否定する」拷問器具が用いられる。


 なかでも恐ろしいのは、「性リバーシブル・パンツ」と呼ばれる矯正下着である。


性リバーシブルパンツ
性リバーシブルパンツ



 この一見何の変哲もない下着は、ナノテクノロジーによって、超強力女性ホルモンを発する素材が編みこまれており、これを10日間着用すると、男性器が急速にしぼみはじめ、20日間の着用で、睾丸は完全に退化し、子供のペニスよりも細く小さくなってしまう。2か月着用すると、もはや外観からは、それが男性器であることが分からないくらいまで、退化させられてしまうのである。


 女性たちは、これを「去勢パンツ」と呼び、男不要の時代に、「優しく簡単に去勢する方法」として、重宝がっているのである。


 ほかに、もっと直接的に男性器を拷問する以下のような様々な道具が開発されており、男たちを震えあがらせているのである。


メタルフレームペニス貞操帯
メタルフレームペニス貞操帯

Chastity Belt Thong(チェステティ・ベルト・ソング)
Chastity Belt Thong(チェステティ・ベルト・ソング)

ストリクトレザー【地獄の貞操帯】
ストリクトレザー【地獄の貞操帯】

ZEUS クラッシュ・エレクトロボールプレス
ZEUS クラッシュ・エレクトロボールプレス


 (※もちろん、ここでの解説は私の妄想であり、完全にフィクションですので、あしからずご了承下さい)

2017.4.11 記事リライト


  
( 2016/12/07 19:00 ) Category 男性器拷問・CBT | TB(0) | CM(0)

ハードキャンディー 




 ちょっと前の映画になりますが、「ハードキャンディ」という作品を御存じでしょうか?


 ストーリーは、出会い系サイトで少女を食い物にしていた男が、あるとき知り合った猟奇的な少女にあべこべに虜(とりこ)にされ、今までに餌食になった「女の子たちの総意として」去勢の罰を与えられる・・・・という話です。


 サイコホラーという位置づけでしょうか。


 『赤ずきんがオオカミにしかけるゲーム』


 なんとも官能的なフレーズが印象的な作品でした。


 かなりマイナーな映画だと思うんですが、私のようなドエム男性には、随所に萌えポイントがあります。


 まず、少女のセリフが良いです。「右と、左のタマ、どっちから抜く?」


 「去勢なんて、ものすごく簡単」


 「ガールスカウトの少女たちにも、教えてあげたい」


 一方、いい年したおとなの男が、少女の前で下半身を丸出しにされ、


 「い、いやだ!!やめてくれ!!取らないでくれ!!それだけは許してくれ!!!」


 「切らないでくれえええええええええ!!!!」


 ・・・・と、泣き叫びます。


 映画を見た女性の反応。「悪い男を、少女がやっつけるという話は、痛快だった。もっと、やっちゃえばいいのにと思った」


 ・・・・下手なAVを見るよりも、はるかに萌えます。







 個人的には、少女と一対一ではなく、複数の少女+支援するおとなの女とかも出てきて、みんなで嫐りものにした後で、去勢するとかの方が好みなんですが、まあ、そこまで求めるのは贅沢かもしれませんね。




↓↓ こちらは、海外のサイトで見つけた去勢動画です。




( 2016/12/05 00:47 ) Category 去勢罰 | TB(0) | CM(2)

女装して女性専用車にもぐりこんだら、見つかって大変なことに 




 いつの間にか気がついたら、「女性専用車両」に乗っていたことがあります。


 そんなことあるわけないと思われるかもしれませんが、事実です。


 実は、前の晩に飲みすぎて、終電を逃し、まんが喫茶で夜を明かしたあと、早朝の始発電車に乗ったのですね。


 そしたら、爆睡して地元駅を通り過ぎ、おり返し電車は、はい、女性専用車両。 導入当時は、まだ今ほどルールが徹底していなくて、ルーズに運用されていたので、そういうこともあったのです。


 はっ、と目をあけると、通勤・通学途中のOLさんや、女子高生の短いスカートが目に飛び込んで来ました。


 しばらく、そこが「女性専用」であることに気がつかなかったんですが、寝ぼけまなこの僕を見つめる女性たちの目がなぜか意味深で、 中には睨むような人もいたので、ようやく気付きました。


 気づいて、気の弱い僕は思わず席を立ったのですが、逃げ場がありません。


 隣の一般車両までは、かなりの距離があります。


 朝のラッシュ時なので、女性たちに密着しながら、かきわけるように進んで行かなくてはなりません。


 「す、す、すみません。ごめんなさい。通らせて下さい」    「ちょっと、触らないでよ!!」    「ちかん、ヘンタイ!!」  「みんなで捕まえましょう!」


 僕は、年齢も立場も様々な女性たちに捕らえられ、逃げ場のない女性専用車両で、徹底的に糾弾される。


 結託した女性は、集団心理も手伝って、一人のチカン容疑の男をいたぶるのに、ためらいは無いのであった・・・・。 


 ・・・・・なんてことはもちろんならず、すごすごと次の駅で逃げ降りたわけですが。。。。


 『女性専用車両』という響きには、それだけでドエム的妄想を駆り立てられるものがありますね。


【☆彡おススメの動画:早朝寝ぼけて乗り込んだ先は乗車率120%の女性専用車両!】
 

 





【☆彡おススメの漫画:女性専用車両へようこそ】
女性専用車両へようこそ

女性専用車両でCFNM
  


 女性専用車両導入の理由は、言うまでもなく“チカン対策”です。


 男は厳しく排除されており、そこに男が一歩でも足をふみ入れようものなら、たちまち黄色い悲鳴が上がる。


 確実に変態あつかいされてしまいます。


 ただし、「女風呂をのぞき見したい」


 ・・・・というのが男の古典的願望であることからも分かるように、男を閉め出す女性だけの聖域を作れば作るほど、つまり、隠せば隠すほど、その秘密の花園にあこがれをいだき、なにか良からぬことを たくらむ男が現れることは、容易に想像がつきます。


 具体的には、女装をした上で、“女性専用車両”の中にもぐり込む。で、まわり中女だらけという 恵まれた環境の中で、思う存分チカン行為をはたらく。


 あまりに怪しいので、すぐに発覚し、捕まる。


 女性ばかりが大勢ひしめいている車内で、取り押さえられる。


 彼は女に化けるために、長い髪のかつらをかぶり、化粧をし、スカートをはいている。そういった ものを、その場でぜんぶ引っぺがされてしまう。


 洋服を脱がすと、下着まで女物を着用している。


 「正真正銘のヘンタイ!」女性たちは叫び、彼を取り囲んで口々にののしる。


 中には攻撃的な女性もいて、いきなり彼のほほを往復ビンタで張りとばすかもしれない。


 うかつに抵抗しようものなら、たちまち数人の女性が応援に加わり、集団で男をたたきのめしてしまう。


 まわり中ぜんぶ女性という、逃れようのない密閉空間において、女性用のパンティとブラジャー を身に着けた男が、女性たちからいいようにいたぶられる様は、恥辱に満ちている。


 だが、電車は特急であり、まだまだ駅にはほど遠い。


 男の受難はつづく。


 女性たちの加虐は次第にエスカレートしていき、ついには“取り調べ”、“お仕置き”という名目のもとで、 リンチ同然のいじめが行われる。


 電車にはたまたまプライベート旅行中の女性警察官なども乗り合わせており、彼女の存在によって、 女性たちの行為は半ば無理やり正当化されてしまう。


 この話、後半は完全に私の創作ですが、これと似たようなことって、実際に起きる可能性・・・・・・ いや、ないでしょうなあ。



【参考動画】




間違って女性専用車両に乗ってしまった僕

無題

※出演している女の子のレベルが高いのがおススメのポイントです。

 【2018.4.1記事リライト】
  
 
( 2016/12/03 14:00 ) Category 女性専用 | TB(0) | CM(2)

ACEアクセスランキング