CFNMの女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM小説、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ、SM体験記、コラム、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。

女ばかりの学園に編入された男子が、集団女子にパンツを脱がされる 




※参考記事(『やるっきゃ騎士』の実写版が出ていた! )
 

チンポを見たがる女たち20 特別編・みやすのんき学園スペシャル


 『やるっきゃ騎士』などの作品で知られる人気漫画家、みやすのんき氏の世界観を、実写化したという意欲作です。


 いくつかのシチュエーションが、オムニバス形式で展開されて行きます。


 制服や、ブルマ、ジャージ姿の女子集団に追いかけまわされ、パンツを脱がされ、恥辱的な目にあわされるところは、


 むしろ、前回紹介した「毎度おさわがせします」を意識しているように見えます。
 

 その「志」は、十分、買いなのですが、、、


 あえて注文をつけると、男子、もう少し本気で逃げて(笑)


 クラスの女子に、今まさにオチンチンを見られてしまうという緊迫した場面なんだからさー。


 女子、もっと数にまかせて、力にまかせて、しっかりと押さえつけて。


 「毎度」の全力疾走感は、やっぱり、さすがだったな~、と思わずにはいられません。






チンポを見たがる女たち20 特別編・みやすのんき学園スペシャル

メーカー: ムーディーズ
出演者: 川上ゆう(森野雫) 早乙女みなき(朝倉なほ) 宮地奈々 日高ゆりあ(青山ひより)
( 2016/12/16 00:01 ) Category パンツ脱がし・カイボウ | TB(0) | CM(4)

『毎度おさわがせします』の思い出 その2 




※参考記事(『毎度おさわがせします』の思い出 その1)


『毎度おさわがせします』 TBS/1985年作品 主題歌:C・C・B/Romanticが止まらない


家族でお茶の間で見た記憶があるのですが、うちは、祖母、母親、姉、私、妹、妹(双子)・・・・という、超絶女社会でしたので、鑑賞するときの目線も、自然と、「女の子応援」になるのが、子供こころにツラかったです。


たとえば、前回の記事で紹介した、 無題03 のシーンなんかは、まず、6歳年上の姉が怒りだすわけですよ。


「あー、もう、ほんとうに、男って信じられない」


当時、姉は私立の学校に毎朝電車で通っていたんですが、週1回は必ずチカンにあうと言って、怒っていました。


それこそ、「なんで、男なんて、この世にいるのよ?!」


悔しくて、怒り泣きしながら、母親に慰められていました。


無題06 このようなシーンでは、みんなで拍手喝采しながら、女子を応援します。


「やっちゃえ、やっちゃえ!!♪♪」


双子の妹は、完全に姉のシンパですから、大喜びで姉に追従します。


母親も、「あはははは、あんなに、剥かれちゃって、かわいそう♪♪♪」


なんて言いながら、喜んでいます。


僕は、ひとりで肩身の狭い思いをしながら、こたつの中で、ちぢこまっていました。





長与千種とライオネス飛鳥によるタッグチーム「クラッシュギャルズ」が流行したのもこのころでした。


母と姉も、強い女を目指して、近所のにわかジムに通っていました。


「毎度おさわがせします」の影響がかなりあったはずですが、


悪い男子は、プロレス技をかけてやっつけちゃってもいい、みたいな風潮がまん延していて、生きた心地がしませんでした。






とにかく、男子は走って逃げる!

女子は、徒党を組んで、それを狩る!

捕まったら最後、女子達による、お仕置きが待っているのでした。





万が一、妹をいじめたりしようものなら、


「"毎度おさわがせ"みたいにされたいの!?」


「"まいど"みたいになるわよ!」


「"まいど"にされたいの?!」


母や、姉に言われ、僕は瞬時におとなしくなりました。


それは、「みんなでパンツを脱がしてお仕置きするよ」と、同じ意味をふくんでいたからです。



( 2016/12/15 06:46 ) Category パンツ脱がし・カイボウ | TB(0) | CM(7)

『毎度おさわがせします』の思い出 その1 




『毎度おさわがせします』 TBS/1985年作品 主題歌:C・C・B/Romanticが止まらない


中山美穂さんの出世作ですが、そういうことよりも、CFNMマニアには垂涎の作品と言えるのではないでしょうか。


私は子供のころ、再放送だったと思うのですが、母親や姉たちと一緒に見て、ものすごくどきどきした覚えがあります。






女子更衣室を天井からのぞき見する男子3人組。






お約束のように、女子に見つかります。

当然の制裁として、「こいつらも脱がしちゃえ!!」となり、、、

せまい女子更衣室内で、ジャージや、制服、ブルマ姿の女子に、集団で襲いかかられます。(←はい、ここ、ポイントですね)



間一髪、パンツ一丁にされたところで、逃げ出します。

逃げる男子、追う女子。

街中を全力疾走します。この必死感が、たまらない。

よく見ると、男子の一人は、バスタオルを巻いて逃げています。(←ここ、ポイントです)

女子更衣室内で、女子たちに、すでに一度パンツを脱がされてしまったのでしょうか・・・。

たまたま目についたバスタオルを引っつかんで、かろうじて恥ずかしい部分を見られないように工夫しているところが涙を誘います。




結局捕まってしまい、多勢に無勢で、丸裸にひんむかれてしまう(?)のでしょうか。


今だと、もっと過激なドエム系のビデオがいくらでも手に入る時代なので、昔のようなドキドキ感はないかもしれませんが、私のドエム願望の原点とも言える作品なのでした。


大勢の女子に追いかけまわされて、捕まったらパンツを脱がされる・・・・というシチュエーションは、永遠のあこがれです(笑)


※参考記事(『毎度おさわがせします』の思い出 その2)
 
( 2016/12/14 23:55 ) Category パンツ脱がし・カイボウ | TB(0) | CM(6)

女の集団にパンツを脱がされ、男性器を鑑賞される 




 女性に、「オチンチンを見せつけたい」という願望と、


 「オチンチンを見られたい」


 という願望は、似て非なるもの・・・・だと思うんですが、どうでしょうか。


 ドエム願望は、後者の方です。


 集団女性に取り囲まれ、嫌がっているのに、無理やりパンツを脱がされて、死ぬほど恥ずかしい部分を、よってたかって、鑑賞されてしまう。


 「ちっさい!」


 「すごい皮かぶっている」


 「コドモのオチンチンみたい」


 「引っ張ってみようよ!」


 ・・などと、屈辱的な言葉をあびせられながら、女の人たちに「見られる」のと、


 自分から「見せつける」のは、ジャンルが違います。


 「露出願望」と、ひとくくりにしてしまうのは、ちょっと違和感がある・・・・。


 もちろん、私は後者です。 ※参考記事(あらためてCFNM小説について考えてみた)





 
( 2016/12/12 22:52 ) Category パンツ脱がし・カイボウ | TB(0) | CM(1)

女性たちから、むりやりパンツを脱がされるお仕置き 





 ものごころついたころから、不思議なことに、「女の人たちにパンツを無理やり脱がされたい」という願望がありました。


 どうしてそういう性癖が身についたのかは、まったく不明なのですが、


 幼稚園か、小学校低学年のころには、すでに、再放送でやっていた「鉄腕アトム」を、「パンツ姿のヒーロー」という風に認識していました。


 パンツ姿のヒーローが、悪役に負けて、ピンチになりかけたとき、このまま、負けたらパンツ脱がされちゃうんじゃないか・・・と思って、ドキドキして見ていました。


 パンツを脱がされた後は、ごく自然な成り行きで、「男性器」に対するお仕置きというか、羞恥責めが想定されるわけなんですが、


 そういうことよりも、前段階としての、「パンツ脱がし」


 嫌がっているのに、無理やりパンツを脱がされるということ自体に、ものすごい萌えを感じていました。


 極端に言えば、パンツを脱がされた後のことは、どうでもいいので、とにかく、


 パンツを脱がされるシーン


 これだけを、何度も、リピートしてもらいたい。


 そういう、変な願望があります。


 本当に、不思議な願望ですが、これなども、心理学的に突きつめて行けば、一種の去勢願望に近いのかもしれません。






【参考動画:女子校生のパンチラが見えて興奮してたら】

 
 
( 2016/11/30 23:36 ) Category パンツ脱がし・カイボウ | TB(0) | CM(9)

ACEアクセスランキング