CFNM動画小説の女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。


■このブログの新着記事■
■おすゝめサイト様の新着記事■

■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


『女性だけの街に住みたい』 




 またしてもマニアックな話題になってしまうかもしれせん。。。私、TwitterやミクシーなどのSNSで、フェミニズム系の人たちがガチの議論をしているのを、こっそり眺めるのが趣味だったりします。


 とくに、女性 VS 男性のバトルになっていたりすると、面白いです。


 面白いと言ったら、マジメにやっている人たちからは怒られてしまいますね・・。ぶっちゃけ、フェミニズムの人たちが、今の日本の現状に憤ったり、やや飛躍した論理で男社会の矛盾を責めたり、ときに激しく男を罵倒したりするのを見ていると・・萌えます(笑)


 フェミニズム勢力のあまりにも男を理解しない論理展開に対して、男たちが真っ赤に怒ってかみついているのに、フェミニストの論者からは相手にされず、「キモい!」の一言で片づけられているのを見ると・・・これも、私的には萌え要素ですね。


 『男という生き物は、なんだかんだ言って、女の裸が欲しいのであり、経済力をはじめとする諸条件が許す限り、女とやりまくりたいという欲求がある。これは、本能の問題であり、フェミニズムの立場から批判してもしょうがない』 ・・・と、私なんかは思うんですが・・・フェミニズム・サヨク系の論者は、この、"男の本能"という点が実感として理解できないのか、あるいは意図的に無視しているせいで、多くの場合、議論が空回りしている気がします。


 ま、ドエム男子目線で言うと、やや強引な論理展開で、一方的に徒党を組んで責めてくるところが、いいんですけどね。


 あと、一応、小説を書くさいの取材というか、参考にする意味はありますね・・。フェミニストがどういう理論で男を罵倒するかは、ホンモノから学ぶのが一番です(笑)






 さて、少し前の話になりますが、Twitter で、『女性だけの街に住みたい』と発言された女性の方がいて、それに対する一部方面からの猛烈な反発があり、さらにその反発が的外れだと批判する勢力が登場して、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていたようです。


 最初のつぶやきは、紅茶WALKさんという方のようですが、現在、この投稿は消えてしまっていて、ネット上に落ちている魚拓でしか見ることができません。






 『女性だけの街』論議の中で、私のツボだったのは、「女性だけの街に住みたい!!」というつぶやきに対して、「女しかいない街で、インフラの整備や、力仕事などはだれがやるんだ!?」という男側の突っ込みがあり、それに対して一部フェミニスト(らしきアカウント)から、「そんなもん、男にやらせるに決まってるでしょ」的な発言があり、「それこそ差別だ!!」とか「奴隷制度を復活させる気か!!」などと、さらに大きく炎上したことでしょうか。



【炎上の原因を作ったと思われるマンガ】







 ・・まあ、この漫画は、これはこれで論理展開が強引な気も・・


 個人的には、『女性専用の街』で、奴隷のようにこきつかわれてみたい・・(*´Д`)ハア~


 以下、Twitterです。(数が多すぎてとても見きれない・・が代表的な意見で目についたものだけ拾ってみました)


















































































 ・・うーん、とても参考になりますね。



【参考動画】
【新作】【VR】もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら… 佐々波綾
【新作】【VR】もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら… 佐々波綾

 
 
( 2018/02/04 11:59 ) Category 社会の出来事・事件簿 | TB(0) | CM(6)

紙おむつ一枚で、押し入れに5年監禁って・・ 




『滋賀県近江八幡市や堺市の民家にAさんを監禁し衰弱させたとして知人の男女5人が逮捕された事件で、Aさんが全裸でおむつを履かされた状態で監禁され、部屋には監視カメラが取り付けられていたことが捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者は「陰湿ないじめのようなもの。ストレス発散のはけ口にされた可能性もある」とみて、事件の全容解明を進める。(産経WESTニュースからの引用)』









 マジですか??  (゚〇゚;)

 しかも、その後の捜査で、最長5年間も、監禁されていた可能性が浮上したそうですね・・。


『男性が監禁されていたのは、日本間の2段ある押し入れの上段です。片方のふすまを接着剤で固定し、もう一方のふすまは中から開けられないよう、細工してあった。男性はずっとおむつ着用しか許されず、そのおむつも排泄を繰り返した後、数日経ってからやっと替える程度だった。風呂にも入れてもらえず、食事はインスタントラーメンにご飯を入れただけ。朝晩2回、ほぼ同じものしか食べさせてもらえなかった。
押し入れの内部と部屋には複数の監視カメラが設置され、別の部屋からモニターで見られるようになっていた。3人が外出する時は家の外から厳重にカギをかけ、逃げようとしていないか確認するため、映像をスマホで監視していた。男性は身動きもほとんど取れず、立ち上がることすらできなかった。生き地獄のような生活がずっと続いていたのです」(EXCITEニュースからの引用)』



 おそろしい・・。しかし・・ちょっと、うらやましい・・・・とまでは言いませんが、私的には、萌えシチュエーションです。


 もちろん、ニュース映像に出て来たような、美しさのかけらも感じられない男に監禁されるのは、嫌です。


 しかし、これが、女性グループによる監禁(全裸・おむつ着用)であったとしたら・・


 オトコなんて動物以下! と本気で思っているフェミニスト集団に監禁され、逃げられないように監視され、記事にあるように、彼女たちのストレス解消のはけ口にされるとしたら・・・
 

 そこに男が監禁されていることは、女性たちの間では評判になっており、日常生活で男に不満を持つOLさんや、女子学生や、家庭の主婦などが、入れ代わり立ち代わり、男をいたぶりにやって来るとしたら・・


 食事も満足にあたえられず、毎回女性に叱られ、嫐られながら、オムツ交換される屈辱・・。


 もちろん、下半身のよごれをできるだけ抑えるために、あからじめ強制的に剃毛されてしまっているでしょう・・。


 監視カメラで撮影された動画は、女性専用の秘密動画サイト『姫チャンネル』に自動配信されることになります。


 (*´Д`) ハアハア


 (※万が一、マジメなニュース評論だと思って、検索から来た人がいたら、怒らないでください。ここは、ドエム男子が妄想を愉しむサイトです)


 実は、今書いている二つの小説(『ざんげの部屋』と『フェミナチの拷問』)のどちらか(※たぶん後者)で、残酷な女たちが、主人公の男子を、長期監禁することになる。その際、汚物を垂れ流さないように全裸で紙おむつ着用、というシチュエーションを出したいなーと構想していたところだったので、上記事件が報道されたときは、驚きました。


 まさに、事実は小説よりも奇なり、ですね。


 超ドエム男子の私は、女性たちから、人間としての尊厳を奪われるようなヒドイ仕打ちを受けるシチュエーションに、そこはかとない性的興奮を覚えるタチなのでした。


【関連作品】

監禁調教
監禁調教
 サスペンス長で必ずしもエロくないのが逆にいい


監禁嬢
監禁嬢
 これは個人的おススメ!この作者は、女性の怖さや意地悪さを表現するのがうまい。そのうち詳しくレビューしますが、ドエム心をくすぐります。


web版奴隷市場 03
web版奴隷市場 03
 愛してるから閉じ込める!
 
( 2018/01/20 10:10 ) Category 社会の出来事・事件簿 | TB(0) | CM(8)

 《女性政治家はお好きですか??》★読者アンケート第2弾 







 みなさんは、女性政治家はお好きですか??


 私は、けっこう好きです。


 もちろん、マジメな話をすれば、政治思想や考え方がぜんぜん合わない・・正直ムカつくな~という女性政治家も大勢いますが(笑) あくまでも、ドエム男子ファンタジーとして考えた場合、きりっとしたスーツ姿で、男を敵にまわしてもガンガンやりあう女性政治家は、萌え要素がたっぷりつまっている・・と思うのは、私だけではないでしょう。


 必ずしも、女性政治家 = フェミニスト、というわけではありませんが、女性政治家が、男社会の矛盾を指摘し、声高に糾弾する姿を見ると・・あああ、この女性たちに、取り囲まれて、吊し上げにされたら幸せだろうなあ・・性的虐待を受けたらもっと幸せだろうなあ・・などと密かに妄想するドエム男子もきっといると思います。(※それは私のことです)


 そこで、緊急アンケート実施します★


 あなたが好きな女性政治家はだれですか??(※あくまでも、ドエム男子目線で ←これ超大事)


 仮に、CFNM的なシチュエーションを愉しむとしたら、だれを指名しますか??


 女王様的イメージの人はいるでしょうか・・。


 私のイチオシは、福島瑞穂さんと、辻元清美さんの旧社民党コンビに、どつかれ、しばかれ、着衣をむしり取られて、大勢の女子校生が固唾を飲んで見守る前で、嫐りものにされたいですね。(← 結局、女子校生かい!という突っ込みは、置いといて・・)




(※"女の壁" マジで萌え氏ぬ・・。混乱する国会の中で、彼女たちに、よってたかって、服を脱がされ、集団リンチされる妄想をしてしまいます)



(※体を張って誘導する(?)女性警官も萌え)



(※おっさん達、嬉しそうだな・・)



 とりあえず、最初に20人用意しました。

 今出ている答えに当てはまらない場合は、訪問者が自分で好きな女性政治家を追加することもできます。

 また、AさんとBさんに、×××されたい! などのシチュエーションを追加しても構いません。

 今回も遊び気分で、お気軽にどうぞ。※前回のアンケートは こちら

 (実は複数回投票も可能だったりします・・でも、あまりにも極端な連投はなしでお願いします)

 あくまでも遊びなので、政治思想に関するマジな投稿はご容赦を (*´Д`)



■ 以下、エントリー ■


エントリーナンバー01  稲田朋美さん  
元防衛大臣。メガネ萌え派にはたまらない魅力がある。ただ、この人はドエスじゃないですね。


エントリーナンバー02  上西小百合さん  
写真の映り具合によっては、けっこう可愛いですよね。ガチで嫌いな人多そうだけど・・


エントリーナンバー03  豊田真由子さん  
健全なドエム男子には、この人が大本命なのか。「ちがうだろーー!!」の罵倒力が素敵です。


エントリーナンバー04  高市早苗さん  
意外と好きなタイプです。政治的にも筋が通っていて、カッコいい。


エントリーナンバー05  蓮舫さん 
 "仕分けの鬼"最近ちょっと元気ないですかね。


エントリーナンバー06   小池百合子  
ご存じ東京都知事。根強いファンがいる。


エントリーナンバー07   山尾志桜里さん  
元検事らしく、厳しく追及してくれそう。対抗馬??


エントリーナンバー08   小渕優子さん。 
いつか総理大臣になる日が来るでしょうか。マジメな感じが逆にエロいな。


エントリーナンバー09   今井絵理子さん  
この方は、そこはかとなくSっぽい感じがします。が、実際どうだろう。。


エントリーナンバー10   西太后さん  
残虐なら右に出るものがいない。地下牢で、夜な夜な拷問されてみたいです。


エントリーナンバー11   辻元清美さん  
女をまったく感じさせないところが、逆に萌えです。


エントリーナンバー12   片山さつきさん  
並の男ではかなわない迫力があります。


エントリーナンバー13   ヒラリー・クリントンさん  
打倒トランプ。


エントリーナンバー14   野田聖子さん  
スーツの着こなしが、意外とエロイ感じがするのは私だけか。


エントリーナンバー15   福島瑞穂さん  
昔にくらべて、ちょっと綺麗になりましたよね。


エントリーナンバー16   丸川珠代さん
この雰囲気、好きな人は好きでしょうなあ。  


エントリーナンバー17   キシリア・ザビさん  
ガルマに生まれて、この人の胸で眠りたかった・・


エントリーナンバー18   谷亮子さん  
絞め落とされたいです。  


エントリーナンバー19   水野ゆうきさん
某市議。これは反則。この人に投票しちゃだめです。


エントリーナンバー20   平塚らいてうさん
元祖フェミニズム。このひと、あらためて見ると、なかなか美形ですよね。 (*´Д`)


※女性の写真は、ネットで拾えるものの中から、できるだけ、美人に映っている(と、フクムラが思った)ものをチョイスして載せました。可能性は低いと思われますが、もし、だれかからクレームが来たら、消します。
 



  
( 2018/01/06 00:06 ) Category 読者アンケート | TB(0) | CM(8)

超絶女家族 




 さて、お正月も4日になってしまいましたが、みなさん明けましておめでとうございます。


 3日まで、田舎の実家へ帰っていました。


 私の家族と言えば、以前、超絶女社会だったと書いて、「うらやましい!」というコメントやメッセージをいただいたものですが、この年になると、ぜんぜん別の意味で、女家族で良かった・・と思います。


 ほら、男兄弟とかだと、お互いに張り合ってケンカしたり、最悪、親の介護や相続でもめたりすると言うじゃないですか。


 この点、女性はいいですね。穏やかで、みんな仲良しです。



女性優位時代
(※これはネットで拾ったイメージ画像)



 特に、うちの場合は、6歳年上の姉を頂点として、

 姉 > 母 > 妹A = 妹B > 祖母 >> 犬(♀) >>> 私 

 ・・という明確なヒエラルキーが存在するので、 張り合ってケンカしたりすることはありません。


 ちなみに、姉はまだ独身でして(こういう言い方すると、もちろんしばかれます。基本フェミニストなので結婚とかどうでもいいはずなんですが)、しかし女のコドモが一人います。これが小学4年で滅茶苦茶かわいくなっていた。 (*´Д`)


 まさにお姫様です。それに、心なしか、服の上から見て、もう胸が小さく丸くふくらんでいるのが分かります。(←ヘンタイ)




(※顔、撮らせてくれませんでした・・)



 妹Bは結婚して、2歳のオトコノコがいます。夫が運送会社勤務なので、正月なんかは、まず現れません。


 現時点での順位は、

 姉 > 姉の子 > 母 > 妹A = 妹B > 祖母 >> 犬(♀) >>> 私 

 ・・ですかね。。


 相変わらずの超絶女社会です。(妹Bの子は、まだ男としてカウントしません)


 お正月3日は、さらに叔母(母の妹)と、その娘2人(つまり、いとこ)、いとこが生んだコドモ(男児1名、女児1名)が加わって、大にぎわいとなります。


 まさに女子会です。もはやヒエラルキーの順位も定かではないですが、姉が頂点であり、私が最下級戦士であることだけは間違いありません。


 だからといって、今さら、エロい物語は何も起きないのですが、(※たとえば、正月恒例の大貧民大会で、ビリになった僕が、酔っぱらった姉の命令で、着衣をはぎとられるとか、そーいうの)
 一つだけ、ひそかな愉しみは、ズバリお風呂ですね。


 あああ、もちろん一緒に入るとか、僕がのぞいてバレて女性たちからしばかれるとか、お仕置きのためにオチンチンを丸出しにされて一定時間さらしものにされるとか、そういうことではないです。


 田舎でお風呂は大きいんですが、当然、最下級戦士の僕は、一族の女性たち全員が入り終わった後で、姉のお許しを得て、一番最後に入浴が許されます。(と、いうことにしておきます)


 このときの湯舟が・・・なんといっても・・・・いや、これを言ってしまってもいいんだろうか・・・ (*´Д`)ハアハア


 大勢の女の、汗と、アブラと、髪の毛と、もっと違う部位の毛が入り混じった、ものすごくキタナイ"汚腐呂"なんです。


 優しい姉は、「おふろ、よごれてたら、最後、出るときに洗っておいてーーー」 ・・と言います。


 オマエ、よごれてるなんてレベルじゃないぜ!! (# ゚Д゚) ゴルァ!!


 目の前の風呂釜には、ま●こ臭い、穢れた汁が満載じゃい!!! (だが、それがいい・・)



だがそれがいい
(※『だがそれがいい』 原哲夫作、花の慶次(ジャンプコミックス)より)



 ・・・もちろん、最下級戦士の僕は、否応もなく、「はい!」と返事をするしかありません。


 そこからの30分は、夢のような時間です。


 あんまり長く入っていると怪しまれるのですが、お風呂掃除、という名目があるので、多少は長くなっても大丈夫です。


 実は、少年時代から、姉たちが入った後のお風呂で、ひっそりとオ●ニーするのが、愉しみになっていたのですね。


 むかし話ですが、姉の血のついたパンツがうっかりお風呂でおけにつけたまま放置されていたことがあって、僕は夢中でそれを味わい、精を放出しまくったものでした。(実話)


 全員のお風呂が終わると、カラオケ大会が行われます。自宅のカラオケマシーン使用です。(父の没後、母が僕らを育てるために一時期カラオケスナックをしていたことがあり、その名残)。とうぜん、新曲とかは更新されておらず、昭和テイストの古い楽曲ばかりです。


 それでもそこそこ盛り上がる。そして、ここでも私のひそかな愉しみがあり、それは、姉が C-C-BのRomanticが止まらない を歌う確率が高いということです。


 言うまでもなく、この曲は、TBS系連続ドラマ「毎度おさわがせします」の主題歌でして、僕の中では、ものごころついたときから、女性たちに追いかけ回されたあげく、よってたかってパンツを脱がされるときに流れる歌であり、姉たちにとっては、悪い男を成敗するときに流れるゴキゲンな歌・・・なのでした。




★参考記事『毎度おさわがせします』の思い出 その2



 唯一の懸念は、超コワい姉が、僕の性癖にうすうす気づいているのでは・・・ということです。(いや、気づいているような気がする)

 
 お姉様、お母様・・・女性に囲まれて育った僕は、こんな立派なヘンタイになりましたよ。本当にすみません。。。でも、しょせんドエム男子だから、女の人を傷つけたり、無理やりエッチなことをしたりはしません。そこは、安心して下さい。。。(*´Д`)



【参考動画】
養子になったら男は僕一人ぼっちだった…。
養子になったら男は僕一人ぼっちだった…。

(※こんなシチェーション、普通はまずありませんてば)

 
 
  
姉とお風呂に一緒に入ったのは、たぶん小 学校1年まで。わりと早い段階で、シャットアウトされた気が・・・。
 
  
( 2018/01/04 11:52 ) Category 体験談・妄想・告白 | TB(0) | CM(8)

私の履歴書(2)結構、ドエムとドエスは紙一重なのかも・・ 




 今回の投稿は、若干、みんなに引かれるかも・・。あるいは、ものすごく怒られるかも(どこかの方面から)・・


 でも、ふだん思っている本当のこと。


 実は私、、、


 当ブログなどを通じて、『ドエム男子アピール』をしているわけなんですが、その一方で、女性を滅茶苦茶に凌辱したいという"S的"願望もあります。


 ・・・ほら~~~怒られた。 それに、どこからか、「フクムラらしくないっ!!」という声も聞こえて来ます。


 でも、本当なんです。


 思えば、小さなコドモのころ。たぶん、記憶では、幼稚園か、小 学低学年くらいだったと思うんですが。


 姉が可愛がっていた、"ぬいぐるみのミーちゃん"を、解剖して、中身をばらばらに取り出すことで、ひそかな性的興奮を覚えていました。(※もちろん、後で姉にしばかれ、ヒドイ制裁を受けることになるんですが、それとは別の話です)


 なんとなく、おさな心に、『その行為』を、まわりのおとなたちに、決して見られてはいけない・・後ろめたい行為なのだということは、本能的に感じていました。


 今思えば、私は、『あの行為』の、どこに感情移入していたのだろう・・。


 可愛らしいミーちゃんが、嫌がるのを、無理やりカイボウする、その残酷な行為自体にのめりこんだのか。


 それとも、嫌がっているのに、無理やりカイボウされてしまう受動性に愛を感じたのか。


 正直分かりません。たぶん、それは五分と五分。この時点では、どちらに転んでもおかしくなかったと思います。


 その後、どうしたことか(まあ、色々あって)私の性癖は、高校生くらいで、"ドエム"の方向で確定するわけなんですが、たぶん、それは偶然。ちょっとした歯車の違いで、"ドエス"の方向で確定していても、さほど不思議ではないと思っています。


 知り合いの某女王様も、『SとMは、実は紙一重』と仰っていましたし。


 プラマイゼロの基準点から、振り子のように、"S"と、"M"の間を行き来する。


 私のように、"M"の側に、大きく傾斜している人間は、振り子の作用で、大きく"S"の側にふれようと思えば、ふれてしまうこともある。


 "M" の谷が深いぶん、"S"の山も高い・・かもしれない。


 そんな風に思っています。


 でも、まあ、とりあえず、『ドエム男子』で良かったと思います。


 私が、同じ熱量を保ったまま、もし、『ドエス男子』だったら。。。思うと、ゾッとします。


 たぶん、猟奇殺人犯とかになって、まっとうな生涯を送ることはできないでしょう。


 それくらい・・女性たちに凌辱され、あるいは嫐られ、搾り取られたい・・という私の"M衝動"は、深いものがあります。


 被虐側に身を置いている限り・・・とりあえず、他人を物理的に傷つけることは、ない、と思えます。



CFNM小説の女性優位時代



 ・・いつもホンワカとした癒し系で、小柄で、かわいい職場のアイドルMUさん。 彼女を拉致して、、


 ラブホのお風呂場で、下着姿で彼女を縛り上げ、利尿作用のあるサプリを飲ませ、おしっ こを我慢させる。


 お漏らししちゃったら、濡れたパンティを脱がし、シャワーで丁寧に洗い流した後で、剃毛のお仕置きをする。


 パイパンになったオマ ンコを一瞥し、「俺の、入れて欲しいなら、自分からお願いしろよ」そう言って、自分はビールを飲みながら、映画でも見ている。


 自分が直接手を下す必要はない。アシスタントの女子2名(ASと、TM)が、細部まで、俺の思うままに、MUを凌辱する。


 お風呂場で、泣き叫ぶMU。反響する声がかわいい。


 俺は、獣欲のままに、MUを犯してもよいし、MUをしり目に、AS、TMと愉しんでもよい。


 そのような絶対的な権力者である俺が気付かないうちに、足元から崩壊する事態が起きた。

 
 絶対的な主従関係にあったはずのAS、TMが、いつの間にか、おそるべき女権委員会に懐柔され、その手先となっていたのである。


 「いままで気づかなかったあんたが迂闊なのよ!!」 TMが嗤う。


 「あなたが、MUさんにしてきたこと、上層部には、全部、報告済みですからね!覚悟した方がいいわ」 ASも言った。


 気が付けば、俺が根城にしていたホテルは、女権委員会が派遣した20~30人もの女闘士たちに取り囲まれている。


 保護されたばかりのMUは、俺の悪事(女性に対する人権侵害)を、なまなましく証言する。


 もう逃げられない。 俺は、自分の城から女たちに引きずり出される。


 麻袋をかぶせられ、女性たちの秘密アジトに連行された俺は、これまで自分が女にしてきた凌辱行為と、まさに同じ(いや、その何倍もの)仕返し行為を、これからずっと、味わわされることになるのであった・・・。


 (※あ、これだと、結局、いつもと同じ展開でしたねっ★)
  
( 2017/11/29 01:10 ) Category 体験談・妄想・告白 | TB(0) | CM(6)

ACEアクセスランキング