CFNM動画小説の女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

ひとりぼっちの男性が集団女性に裸にされ、嫐りものにされる“CFNM”にこだわったブログです。オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、集団リンチ、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ・・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。


■このブログの新着記事■
■おすゝめサイト様の新着記事■

■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


医療系プレイはお好きですか?? 







 ここのところ身体の調子がよくないので、急に思い立って、健康診断に行ってきました。

 私がここ数年、通っているのは、都内にある某○×クリニックという診療所でして、どうしてここがお気に入りかというと、ベテランの女性医師(50代後半くらい)と、たぶんその娘の後継ぎ医師(30代だと思うが、もっと若く見える)が経営しており、受付のおばちゃんと、数人のナースたち・・という布陣で、ようはスタッフ全員女性だからなんですね。

(以前は、一人だけ、オタク系の男性看護師が勤務していたが、女性たちにイジメられて辞めてしまった・・・と、勝手に思っている)

 女性スタッフメインだからと言って、患者さんは女性専用というわけでもなく・・診療科も、内科、糖尿病クリニック、そして泌尿器科があり、ふつうに男性の患者さんも大勢います。

 (・・てゆうか、泌尿器科か・・。いつか、先生に見てもらいたいな・・)

 なにかと妄想がふくらみますが、今回、採血をしている最中に、ちょっとした事件が起こりました。

 もともと私は痛みに弱く、注射とかも大嫌いなんですが、採血を担当したナースが、今年学校を出たばかりでしょ・・という雰囲気の、若い女性だったのですね。

 これが、注射針を打ち込むのが、へたくそで仕方がない(笑)

 ブスッと突き刺しては、「あらっ?!」とか言って、また針を抜く。

 古いのを置いて、新しいのを出そうとして、そばに置いてあったトレーをひっくり返す。

 「ぎゅっと親指をにぎっていて下さい!!」・・自分の失敗に苛立ちながら、なぜかちょっと怒り口調で、命令してくる。

 注射針を刺して、またしても、「あれっ?」とか言う・・。 (*^_^*)

 ふつうの患者さんなら怒ってしまうところですが、あいにくドエム男子の私は、彼女の仕草に、非常に萌えました。。。 

 極めつけは、センパイナースと、女医先生(娘)が集まってきて、「なにをやっているの?!」とばかり、複数で私の腕を押さえ込んで、細いゴム製の管で固定して、「ほら!今のうちに、こう、やってしまいなさい!!」 叱責されたことですね。。。

 もちろん、私が叱責されたわけではないですが、なんちゅーか、興奮しました(笑)



 ここで気づいたのは、女医さんや、ナースたちに、身体を身動きできないように固定されて、注射器で血を抜かれるシチュエーションって、なかなか良い。これです。

 M男性向けの医療プレイというと、すぐ"痴女ナースによる逆レ イプ"とかになってしまい、そういうのはたくさんありますが ↓ ↓ ↓ (たとえばこんな)





 "白衣の天使"のはずが、意外と中身の下着はど派手だったりすると、興奮しますね。。


【数量限定】痴女ハーレム病棟~複数ナースに抜かれまくっちゃったアナタ~ 生写真3枚付き
【数量限定】痴女ハーレム病棟~複数ナースに抜かれまくっちゃったアナタ~ 生写真3枚付き



 もちろん、こーいうのも嫌いではないですが。。。

 たとえば、パンツ一丁で診療台の上に寝かされて、ベルトで四肢を固定され、何人もの女医さん、ナースたちに、代わる代わる注射器を突きさされて、血液を採取されてしまう・・。

 「あなたみたいなセクハラ男は、すこし血を抜いた方がいいのよ!」

 最後は貧血状態になり、気が遠くなって、女性たちの哄笑を遠くに聞きながら、次第に意識が薄れて行く・・みたいな、ホンモノの医療プレイがもしあれば、最高に興奮すると思いました。

 
 

( 2018/11/30 23:55 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(2)

いま、一番読んでみたい小説 ~ Naomi Alderman"THE POWER" 





THE POWER作者:Naomi Alderman
ペーパーバック: 352ページ
出版社: Penguin
ISBN-10: 0670919969
発売日: 2017/4/6(英国)10/10(アメリカ)



 私の場合、小説やブログ更新のネタ探しのために、世界各地で起きている、男女が対立したり、立場が逆転するような話題について、定期的に情報収集を行っています。(といっても、単にネットを見ているだけですが)


 今回、無茶苦茶魅力的な設定の小説を発見しましたので、興奮しつつ、報告をしてみたいと思います。


 Naomi Aldermanという女性作家の書いた、THE POWER という作品です。


 残念ながら、英語版しかなく、そして私フクムラは英語が読めません・・。
 もし、日本語版を出すとしたら、タイトルはどうなるんだろう?? 単に、"力" とするのもインパクトがありますが、"女性が逆転して支配する時代" という雰囲気を出した方が、ニュアンスを正確に伝えているでしょうね。 
 それこそ、"女性優位時代" または、"近未來"というようなタイトルでも良いかもしれません。

 
 わずかにネットで拾える日本語レビューと、不完全ながら翻訳ソフトを用いた部分翻訳によって・・この作品、私のドエム心を最高にくすぐる内容であることが判明しています。


 舞台は、たぶん近未来の地球で、ファンタジー小説の要素があります。ただし、ファンタジーと言っても夢のある世界設定ではなく、殺伐とした世界が描かれているようです。


 ある時代、突然変異なのかウイルスなのか、不思議なパワーを使えるようになった少女が世界に現れます。
 鎖骨部分に、"skein"という特殊な臓器(?)が発達し、そこから発電することができるようになったのですね。
 (荒唐無稽なようにも思えますが、女性にしかない臓器といえば、子宮がありますし、電気ウナギなどのように、発電能力を備えた生物は実際にいます。そう考えると、あながちおかしくもない)


 最初は、世界でも数人の少女だけが、この能力に気づき、お互いに"しびれごっこ"をしたりして、無邪気に遊んでいました。


 やがて、この特殊な力を持つ女性が、世界中に出現するようになります。
 このパワーは、意図的に鍛えることができ、しかも女性だけが持てる"力"であることが判明します。
 ・・・するとどうなるのか。
 国や地域によって温度差はあるものの、女性たちは、この"力"を意図的に用いて、徐々に男社会を覆滅して行きます。


 最初は、"能力"に目覚めた少女が、自分の母を暴行した男どもに、厳しい制裁を加えるところから。
 後に、彼女はみずからの能力を女性たちに伝道し、教祖と呼ばれるようになります。


 社会を支配する"力"は、必ずしも肉体的な強さだけではないはずですが、女性作家であるAldermanは、男性が肉体の力で女性を支配してきた従来の歴史、それを覆す女性たちの"パワー"ということを書きたかったのだと・・私フクムラは理解しています。


 かつての男たちが、単純に女性よりも肉体の力が強いというだけの理由で、長い間、男性優位の社会を築き、女性たちを見下し、支配してきたのと同じように、今度は、電気刺激パワーという優位な力を用いて、女性がオトコどもの上に君臨する時代がやってきます。








 ちゃんとした翻訳をしたわけではないので、間違いがあるかもしれませんが、女性たちは、この"電気刺激パワー"を、強弱に使い分けることができるみたいですね。


 たとえば、暴漢や、男のテロリストに襲われた場合は、最大出力のパワーでやっつけて殺してしまうこともできますし、女性上位のSEXを拒む男に対しては、微弱な電流を与えることで、無理やり勃起させ、逆レイ プすることもできます。(実際にそのような描写がある模様)


 やがて社会における男女の役割が完全に逆転してしまうと、男は一人では外を歩くこともできなくなります。
 うかつに外を出歩けば、複数の女性たちに、性的に虐待されたり、レイ プされたり、ときには誘拐されて性奴隷にされてしまう危険があるからです。
 男が自分の身の安全を確保するためには、"女性保護者"を登録し、彼女の庇護下に入らなければなりません。


 とある難民キャンプでは、女兵士たちが、捕虜の男をかわるがわる輪 姦し、拷問にかけ、その遺体を放置する・・という残虐シーンもあるみたいです。


 また、この世界では、男が自由に射精することも禁じられるみたいです。
 女性たちが、若い男の子を全裸にむいて、電気ショックを与え続け、女性からの電気刺激なしでは射精できないように「矯正」するということも行われているようです。


 やがて、「男は最低限、生殖に必要な人数だけいればよく、女性だけでよいのでは」という、マニフェストをかかげる女性政党も登場するようになります。この時代、生殖医療も進んでいますから、男の子は生まれる前に間引かれてしまうのでしょうか・・。


★関連記事※男性撲滅委員会「男児の出産は犯罪です!」

★関連記事※女性だけの街に住みたい 



 同じように未来における男女逆転ファンタジーとしては、有名な家畜人ヤプーがありますが、こちらのThe Powerは、女性作家の作品であり、もちろんポルノとして書いておらず、むしろ、女性目線での真摯な怒り・・が伝わってくるのが、非常に萌えますね・・。


 完全に読み方まちがってるんでしょうけど・・。スミマセン・・。 _(._.)_



 この小説を紹介している女性ブロガーの頁を発見したので、その方の考えを引用してみます。正しい読み方は、こちらです。
 (URLは、先方に迷惑をかけたら悪いので非公開。興味のある方は、検索で探してみて下さい)

 

 AldermanのThe Powerは、「女性が権力を得たら、もっと平和な世界になるのに」といった甘い理想論を語る小説ではない。

 「レイ プされるのは、襲われて抵抗しない女性が悪い」とか「女性が独り歩きをしていたら、襲われても当然」、「嫌だといいながら、本当は楽しんだのだろう」といった男性の言い分に対する、非常に直截的な返答だ。そういう男性に対して、「パワーが逆転したら、あなたはレ イプされて殺されてもOKなのでしょうね?」と問い返している。

 この小説で、パワーを持って暴走し始めた女性が行う行動は、非人道的で、残虐すぎるように思える。女性読者である私にとっても読むのがしんどい部分が多いが、男女を置き換えれば、これらは男性社会が女性に対して実際に行ってきたことなのだ。まったく誇張はない。



 ・・だそうです。

 この小説、だれか、フェミニズム系の作家が日本語訳にしてくれないかなあ・・。映画化でもいいんですけど。。。


CFNMの女性優位時代


※キレた女性たちに囚われ、電気拷問で逝かされる悪いオトコを描いた至宝作品はこちらの記事で紹介しています ↓ ↓
紅蓮のアマゾネス ~泣き喚きながら逝かされる男たち~ EPISODE 03 阿鼻叫喚! 残虐なる女たちの復讐
紅蓮のアマゾネス ~泣き喚きながら逝かされる男たち~ EPISODE 03 阿鼻叫喚! 残虐なる女たちの復讐


 
あと、※読者アンケート第三弾 設置しました。よろしければ、ご協力お願い致します。



 
( 2018/08/29 21:00 ) Category フェミニズム・女尊男卑 | TB(0) | CM(7)

大勢の女性たちから全裸で引き回しの刑にされる願望・・ 




 少し前のエントリーで、「猛暑でまいっている」と書いたところ、思いがけず励ましのメッセージを複数頂きました。 この場であらためてお礼申し上げます。


 ・・最近、少し持ち直しました。それで、本館(近未來小説)の方で、書きかけになっている二つの小説にチャレンジしているんですが、ちょっと行き詰まっています。


 ふたつの小説、それぞれ"山場"なんですが、大勢の女性に取り囲まれた主人公男性が、全裸のまま、見せしめのために、野外を歩かされるというシーン(私の夢・・)が、あるんですね・・。


 これが、書いていて、なかなか難しいのです。


関連記事★ものすごい大勢の女性たちに、性的犯罪者として糾弾され、全裸リンチにされるドエム願望(前編)





  

 イメージとしては、たった一人の男性が、ものすごい大勢の女性たちに、囃したてられ、罵声をあびせられ、蹴飛ばされたり、殴られたりしながら、まるで江戸時代の罪人のように、刑場まで引き立てられる・・。騒ぎを聞きつけた女性たちが、さらに続々と集まって来る・・。下は10代の若い女子から、上は50代60代の女性まで。あわれなオトコは、女性たちの波に飲み込まれ、いいように翻弄されるしかない。


 周囲の女性たちから伝わって来るのは、"性犯罪者"に対する、怒りと、復讐心と、あざけり。立場が逆転して、弱くなったオトコへの嗜虐心。


 敵意に満ちた多数の女に囲まれて、男は、命の危険すら、覚えるだろう・・。


 女性たちには大義名分がある。「女の敵を、みんなで成敗するんだ!二度と女の子の犠牲者を出さないように、思い知らせるんだ!!」


 厳密にいえば、女たちの復讐は単なる私刑なので、法的にはNGなのかもしれませんが、つい、やりすぎてしまう。だって目の前にいるのは、たとえば、実の妹をレイ プするような悪いオトコなのだから・・。


 ようやくたどり着いた"刑場"では、さらに悲惨な"お仕置き"が待っている。


 ・・こういう、ダイナミックで、動きのあるシーンが書きたいんですが、今のところ、書いては捨ててのくり返しです・・。

  
( 2018/07/31 23:42 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(4)

++男性撲滅委員会++ 








 このページは、2010年ころに一般女性の方が作成していたブログ『男性撲滅委員会』が荒らしの被害にあり、ずっと閉鎖状態にあるため、その閉鎖を惜しんだ私フクムラが、当該ブログのコンテンツを引用しつつ、焼き直しを図ろうとするものです。

 なかなか衝撃的な内容ですが、私は一般女性の作者の方の「本気」が伝わってくるところが気に入っていましたし、正直その過激な主張に萌えていました。

 「男性撲滅委員会」の作者は、たぶん幼少時になにかトラウマになるような出来事があって、明らかに男性全般を憎んでいたと思います。正直、ややメンヘラ系の偏りを感じるブログでした・・。

 ブログのコメント欄は、このような作者を不快に思う男性たちの罵詈雑言が何十何百と書き込まれ、常に炎上しているような状態でした。少数ながら、私のような女性に支配されたいドエム男性が賞賛のコメントを送ることがありましたが、ブログ主はそれすらも気に入らず、「気持ち悪い!!」と切り捨てていました・・。

 そこがまた萌えなんですが。










(以下、かろうじて残っているブログ記事からの引用となります)



最近ネットでは男性差別をなくせば男性が救えると言う愚かな意見が見られます。
これは不可能です。
最初に女性差別反対運動を始めた女性は、もう死んでます。
男性差別が解消される頃にはその男性たちは、もう死にます。
時間の無駄です。

ではどうすれば救えるか。
なぜ世の中から男性の自殺者や引きこもりがなくならないのか。
男性がいるからです。
女性が思い悩んでいれば、誰かが助けます。か弱く見えます。
男性が思い悩んでいても、誰も助けません。偏屈な頑固者に見えます。
男性を撲滅すれば、自殺問題は解決です。

↓歴然たる差。
人がどちらを助けるかは問うまでもないでしょう。女性VS男性


(※フクムラ注※ここでオリジナルは男性と女性の写真が入る)


勝負になってないですね。
左は一般女性。
右は逃げた親友を追うジムキャリーです。
逃げた親友を追うという状況がもう間違っていますが、ジムキャリーの狂気が光る衝撃の一枚。
こんな男性がどんな状況に陥っても助ける気が起きません。
言ってるセリフは感動的なんですが。

男性差別解消など机上の空論でしかないことが見て取れます。

勿論、暇潰しがしたいだけの暇な知的エリート層は、何百年かかるとも知れない論理的に正しいだけの机上の理想論を唱えていてもいいんです。なぜなら暇だからです。

しかし一般人の現場で今まさに苦しんで首を吊ろうとしている弱者男性は、そんな知的強者層の正しいだけの机上の理想論に付き合ってる暇はありません。
机上の空論は捨て、現実主義の男性不要論を取りましょう。


引きこもりの9割は男性と言われています。
男性脳が自閉症を生み出しやすいことは科学的に証明されています。
自閉症は別名で極端男性脳と呼ばれます。
オスは本来単独で獲物を狩る生き物だからです。
現代で単独で獲物を狩っても逮捕されるだけです。
女性は共感脳であり引きこもりません。もし引きこもっても、誰かがナンパするでしょう。
男性を撲滅すれば引きこもりや非コミュ問題は解決です。

男性差別をなくそうと運動している愚かな人々も見られます。
これは失敗します。
男性差別がなくなるのを待ってるうちに年を取って人生が終わります。

女性だけだと陰湿ないじめの世界になると言う意見が見られます。(主に陰湿な世界から逃れてきた腐女子やネナベ達から)
もっともです。
これは陰湿な女性を撲滅すれば解決です。

男性差別は女性差別反対のように簡単には行きません。
何十年経っても偏屈な頑固者に見えるだけです。
見えるものは見えるんです。
社会的地位のように明け渡せばハイ終わりではすみません。

男性は論理的に物事を考えるので、論理的に物事を思い悩み、自殺します。
女性は感情論で物事を感じるので、感情的に幸福感情を手に入れます。

感情論はよくないと感情論至上主義者を論理的に説得しようとする愚かな論理主義者も見られます。
これは失敗します。
そう感じないからです。

格差問題も、ホームレス問題もすべては男性がいるから起こります。
男性は負けます。
負けた上に、男性が負けたところで誰も助けないからです。
格差問題が起きるのは、女性が負けても可哀想の一言で済むが、男性が負けるとキモイの一言で済むからです。
男性を撲滅すれば格差問題もホームレス問題も解決です。

非モテ、童貞問題も同じです。
女性がモテなくても可哀想の一言で済むが、男性が性欲を発散できなくてもキモイの一言で済むからです。


最近環境ホルモンで男性の女性ホルモンが増大しているそうです。
自然ですらも男性は助けないと言う証明です。
男性が思い悩んでいても助ける人もいます、それは単にその人が聖人君子と言うだけの事です。
世の中聖人ばかりではありません。


よくネットで「女は楽でいい」と言う男性の意見が見られます。
別に彼らは間違った事は言ってません。


男性の強制的な性転換、男児への強制的な女性ホルモン注入を目指しましょう。


男女を救えるのは男性不要論だけです。




・・いかがでしたでしょうか? 若干、意味不明な論理展開をしているところもあります(そういうところが読者をいらだたせ、嫌われる原因になっていたのだと思います)が、急進的なフェミニズム思想の一種であることは間違いありませんし、強制的な性転換に言及しているところなど、女性支配の近未來をテーマに小説を書いている私などからすると、非常な憧憬を感じてやみません。




お口直しに・・。(男ってやつは、本当に馬鹿です。こんなパンチラ一枚・・。女性たちが、愚かなオトコを駆逐して、女性優位の社会を作りたいと思うのは、当然ですよね・・)



 ちょっと、このテーマは、時間をかけて掘り下げてみたいと思います。
 (※マジメな人、怒らないで下さいねっ。ここは、あくまでも、ドエム男子の妄想サイトです)


関連記事(国際女性デーに過激なフェミニスト集団に捕らえられる妄想)



女尊男卑、CFNMシチュエーションの女性優位時代
 
( 2018/06/24 22:47 ) Category フェミニズム・女尊男卑 | TB(0) | CM(4)

『女性だけの街に住みたい』 




 またしてもマニアックな話題になってしまうかもしれせん。。。私、TwitterやミクシーなどのSNSで、フェミニズム系の人たちがガチの議論をしているのを、こっそり眺めるのが趣味だったりします。


 とくに、女性 VS 男性のバトルになっていたりすると、面白いです。


 面白いと言ったら、マジメにやっている人たちからは怒られてしまいますね・・。ぶっちゃけ、フェミニズムの人たちが、今の日本の現状に憤ったり、やや飛躍した論理で男社会の矛盾を責めたり、ときに激しく男を罵倒したりするのを見ていると・・萌えます(笑)


 フェミニズム勢力のあまりにも男を理解しない論理展開に対して、男たちが真っ赤に怒ってかみついているのに、フェミニストの論者からは相手にされず、「キモい!」の一言で片づけられているのを見ると・・・これも、私的には萌え要素ですね。


 『男という生き物は、なんだかんだ言って、女の裸が欲しいのであり、経済力をはじめとする諸条件が許す限り、女とやりまくりたいという欲求がある。これは、本能の問題であり、フェミニズムの立場から批判してもしょうがない』 ・・・と、私なんかは思うんですが・・・フェミニズム・サヨク系の論者は、この、"男の本能"という点が実感として理解できないのか、あるいは意図的に無視しているせいで、多くの場合、議論が空回りしている気がします。


 ま、ドエム男子目線で言うと、やや強引な論理展開で、一方的に徒党を組んで責めてくるところが、いいんですけどね。


 あと、一応、小説を書くさいの取材というか、参考にする意味はありますね・・。フェミニストがどういう理論で男を罵倒するかは、ホンモノから学ぶのが一番です(笑)






 さて、少し前の話になりますが、Twitter で、『女性だけの街に住みたい』と発言された女性の方がいて、それに対する一部方面からの猛烈な反発があり、さらにその反発が的外れだと批判する勢力が登場して、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていたようです。


 最初のつぶやきは、紅茶WALKさんという方のようですが、現在、この投稿は消えてしまっていて、ネット上に落ちている魚拓でしか見ることができません。






 『女性だけの街』論議の中で、私のツボだったのは、「女性だけの街に住みたい!!」というつぶやきに対して、「女しかいない街で、インフラの整備や、力仕事などはだれがやるんだ!?」という男側の突っ込みがあり、それに対して一部フェミニスト(らしきアカウント)から、「そんなもん、男にやらせるに決まってるでしょ」的な発言があり、「それこそ差別だ!!」とか「奴隷制度を復活させる気か!!」などと、さらに大きく炎上したことでしょうか。



【炎上の原因を作ったと思われるマンガ】







 ・・まあ、この漫画は、これはこれで論理展開が強引な気も・・


 個人的には、『女性専用の街』で、奴隷のようにこきつかわれてみたい・・(*´Д`)ハア~


 以下、Twitterです。(数が多すぎてとても見きれない・・が代表的な意見で目についたものだけ拾ってみました)


















































































 ・・うーん、とても参考になりますね。



【参考動画】
【新作】【VR】もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら… 佐々波綾
【新作】【VR】もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら… 佐々波綾

 
 
( 2018/02/04 11:59 ) Category 社会の出来事・事件簿 | TB(0) | CM(6)

ACEアクセスランキング