CFNM動画小説の女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

ひとりぼっちの男性が集団女性に裸にされ、嫐りものにされる“CFNM”にこだわったブログです。オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、集団リンチ、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ・・・などのコラム、SM体験記、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。


■このブログの新着記事■
■おすゝめサイト様の新着記事■

■はじめての方へ


■読者アンケート


■特におすゝめの記事


■ビービーエス


■詐欺サイト撲滅


20年以上前の雑誌より・・。東京池袋近辺に、主婦たちによる逆レイ プ(輪 姦)サークルの存在が。 




ゴールデンウィークに帰省した実家で、20年以上前の雑誌を発掘してきました。

ミリオン出版社が出していた「GON」という雑誌で、なんだかごちゃごちゃしたカオスな魅力のあふれるサブカル誌のようです。

(※平成8年4月1日発行号なので、私が10代のときにドキドキしながら呼んでいた雑誌だと思います)

なんでこの一冊だけ大事にとってあったかというと・・・。

逆レ イプとCFNM
これです。この巻頭特集を見よ。

池袋痴女軍団
『美形男子高 校生を狙う恐怖の痴女軍団!!その恐るべき犯罪を追う!』・・・ (*´Д`)ハア~


池袋の痴女軍団に接触成功・・・。「訴え出るようなバカな男がどこにいるっていうの」
池袋痴女集団



泣く男、笑う女・・・。


携帯電話、使い捨てカメラ、スタンガン、催涙ガズが彼女たちのレイ プグッズ。「これで十分。カメラが一番使えるのよ。」A子は妖しく笑って見せた・・。


某予備校生をナンパした瞬間・・。


池袋レイ プマップ・・。西武池袋線と、東武東上線がやばいらしい・・。


屈辱と恥ずかしさで涙が出た・・。



橋本君の話によれば、とある休日、池袋の北口でその女に会ったという。
彼の場合、女は雑誌モデルのスカウトという名目で近づいて来た。すぐ近くのハウススタジオでぜひ撮影させて欲しいという。行く行かないのやりとりをしているうちに、彼はいつの間にか3人の女たちに囲まれていた。
彼は女たちの強引さに押され、ハウススタジオという名のアジトへと取れ込まれる。行った先が古めかしいマンションだったため、妖しいとは思ったが引き返すことができなかった。
部屋に通され、いきなり顔面にスプレー。目鼻に激痛を覚え、床にのたうちまわる。催涙ガスだった。瞬時にして手足に手錠をかけられ、手際よくベッドに縛りつけられる。目は開けられなかったが、女たちの嬌声は聞こえた。その声は3人ではなく、5人に増えていたという。
橋本君は身をよじって抵抗したが、スルスルとパンツまで下ろされ、屈辱的な恰好をさせられた。と、まぶたに感じるフラッシュの閃光。
「あんたR高校の学生だろ!学校にこの写真をバラまいてやろうか!!」橋本君はすべてを観念した。どれくらいレイ プされていたかは分からない。だが彼は不覚にも4回射精させられたという・・・。

は、はしもとくん・・・・。 (´;ω;`)ウッ



「私たちって、実は、基本的にレズなんです。男の子をみんなで強 姦するっていうのは、レズプレイの一種なんですよ。もちろん男の子を輪 姦する行為自体に興奮するけど」・・レズというところが、妙に生々しい、リアル感があります。

つづき ↓ ↓


「この犯罪、どう考えても彼女たちだけの犯行とは思えないフシがある。彼女たちの背後には、もっと別の集団の存在が感じられるのだ」 ・・マジですか?!背後の別集団とやらに、捕らわれてみたいものです・・。




少年時代にこの雑誌を見て、自分も同じ目に遭いたいと思って、わざわざ上京して池袋周辺をウロウロした思い出が、まるで走馬灯のように思い出されるのであった・・。(あと、かなり、私の今の作風に影響を与えていることが分かりますね・・)


正直、似たような体験談は、今だとネット上にあふれていると思いますが・・。こうして、雑誌のスクープ記事という形にまとめられていると、仮にやらせ記事だったとしても、非常にリアル感があって、興奮しますね。


個人的には、痴女軍団に復讐しようとした橋本君が、かえって彼女たちに反撃され、恥ずかしい写真をR高校にばらまかれてしまい・・実は、R高校の女子の一人が、痴女軍団の妹だったりして、女性たちにアジトに呼び出されて、クラスの女子複数も呼ばれて、大勢の女子生徒が見ている前で、痴女集団から、さらにひどい輪 姦をされてしまう・・というストーリーが思い浮かびました。(*´Д`)


余談ながら、この「ゴン」という雑誌、他のページも、大変香ばしい感じがして、ナイスです。JKの処女エキス・・・。魔女誕生の儀式・・・。白骨が散乱する墓を発見・・・。等々。まだネットが今ほど普及しておらず、アングラ情報が紙媒体で提供されていた、古き良き時代の産物なのかもしれません。(それにしても、よく取ってあったな・・。)


【※参考動画】クラスの女子たちが、キャッキャわいわい言いながら、楽しそうにお礼参りします。福村的おススメ♪
女子校生限定20人 花の卒業式で痴女お礼参り!
女子校生限定20人 花の卒業式で痴女お礼参り!
 出演者: 妹川尚子 結城リナ 仲村もも 柚原まこと 仲咲千春

 
( 2019/05/04 19:14 ) Category 逆レイプ | TB(0) | CM(2)

近況報告など・・ 




 春ですね・・。春と言えば、確定申告の時期でして、弁護士をしている姉の確定申告を手伝わされていました。

 けっこう儲かっているはずなので、プロの税理士を頼めばいいと思うんですが、数年前に頼っていた税理士さんが亡くなってから、私がこき使われています。

 私は、姉の稼ぎのおかげで、何度も留年した3流大学を出してもらい、奨学金も立替払いしてもらった恩があるので・・一生、奴隷状態ですが、それも致し方ないですね・・。

 しかし、そのせいで、ブログの更新が遅くなって申し訳ないです。

 苦情は、ドエスの姉に言ってもらえると助かります(笑)

 本当は、10時間くらい漫画喫茶にこもって、集中的にドエム小説を書きたいんですけど・・。


CFNM小説の女性優位時代
(いま書いてる小説「フェミナチの拷問」より。イメージ図)


 ・・年に1回か2回くらいですが、旧知の女王様であるS美様に、プライベートで遊んでもらうことがあります。

 私フクムラは、いわゆる"本格的なSMプレイ"(※定義は難しいと思いますが・・)には興味があまりなくて・・もっぱら、男性羞恥にフォーカスしたCFNMプレイをお願いすることが多いです。

 最近のお気に入りは、ずばり、超マニアックな、"去勢ごっこ"です。

 S美女王様は、僕の趣味嗜好なんか知り尽くしているので・・『女性専用車両に女装して乗り込んで、チカンをしようとしたけど、バレて女性たちに捕らえられ、お仕置きとして去勢される』という、設定だけ決めて、そのとおりに遊んでくれます。

 S美女王様は、通勤途中のOLさんみたいなコスチュームで登場します。(当然、そうじゃないとリアルでない)

 もう一人、新人のエリナさん(仮名)がいます。

 S美女王様は、風俗ではないマッサージのお店を経営しているのですが、"元女王様"を隠さないので、若いアルバイト従業員の女子から異様な人気がある(笑)

 嬉しいのは、たまに、アルバイトの中から、興味のありそうな女子を選んで連れて来てくれることですね。

 今回初参加のエリナさんは、普通に女子大生です。

 コンビニとかで普通にバイトしてそうな感じがナイスです。

 ・・僕は、上記設定をできるだけ再現するために、女装させられています。

 「ばかな男だねえ・・。そんな変装で、騙せると思ったのかねえ・・」 S美様が、あでやかに笑います。

 「ゆ、ゆるして下さい」

 「許すわけねえだろ!」 S美様、激しくビンタ。彼女、妖しく笑って、「女性たち、みんな怒ってるわよお」

 「ほんとうですよ!許せませんよ、ほら、女性たちみんな怒ってますよ!」 エリナさんも調子を合わせてくれます。

 ・・もちろん、S美様と、エリナさんしかいないんですが、『周囲に大勢女性が取り巻いている』という演出をしてくれているのですね。
 
 「あなた、女の衣装を着て、恥ずかしくないの??いますぐ、脱ぎなさい!!言うこときかないと、30人以上の女性の手で無理やり裸に剥くわよ!!!」

 ・・・おとなしくベッドに縛り付けられた僕は、女もののシュミーズとパンティという恥ずかしい姿をさらします。

 S美様は、下半身をM字開脚に縛り上げると、はさみを使って、ジョキジョキと僕のパンティを切り裂いて行きます。 

 仮性包茎のオチ●チンがあらわとなります。

 女子大生のエリナさんは、口で言うほど場慣れしておらず、目を見開いて、僕の恥辱的な姿を見つめています。

 口には出さないけれど、『うっわーーーー。なに、このヘンタイ!!』と言っているのが分かります。

 意地悪なS美女王様は、ここで10分間退場します。 「あ、ゴメン、仕事の電話はいった」

 残されたエリナさんは、不機嫌そうに、下半身丸出しの僕と二人で、ホテルの一室に取り残されます。

 とくに会話もなく、いじられるわけでもなく・・気まずい放置プレイの10分間です。

 見ず知らずの女性に、オチンチンを横目で見られながらの10分間です。

 エリナさん、ベッドの片隅に腰かけて、友達とラインとかしています。女子の友達に、僕の情けない姿を報告とかされていたらどうしよう・・

 ますます興奮します。

 そうこうしているうちに、S美女王様ご帰還。手に、床屋さんで使うシェーバーと剃刀を持っています。

 S美様 「それでは、今から、痴 漢行為のお仕置きのために、去勢手術を施します。まずは、ばい菌が入らないように、剃毛を行います」

 周囲を取り囲んでいる大勢の女性たちが笑います。

 「や、やめてください!!!」

 泣き叫ぶ僕の両腕を、エリナさんががっしりと押さえました。

 「やめるわけないでしょ。これは、女性たちの総意に基づくお仕置きですよ」

★関連記事剃毛プレイのすゝめ





 
( 2019/03/11 01:01 ) Category Mプレイ・風俗・店舗 | TB(0) | CM(4)

ヤレる女子大ランキングって・・ 








 ずっと書きたいと思っていて、書けなかったネタを一つ。

 少し前の話になりますが、週間SPA!が女性差別的な記事を掲載したということで、激しく炎上していましたね。。。

 「ヤレる女子大生ランキング」とかって、まあ、男はだれでも似たようなことを妄想してるはずなんですが、社会的影響力のある雑誌で大々的にやっちゃダメということなんでしょうね。。。

 平成ももうすぐ終わりという時代なのに、記事内容は、あまりに昭和的で、女性たちが怒るのも当然だったと思います。 

 不思議なのは、この手の記事って、女性たちから総攻撃を受けて、炎上するのが分かりきっているのに、どうしてやるかな~~という点ですね。

 ・・・ここからはフクムラの妄想なのですが、この記事を企画した人は、世の女性たちから一斉に攻撃をあびせられて、ネットとかで口々に罵倒され、あげく、公の場所に引きずり出されて、フェミニズム思想を持った怖いお姉さまたちに、滅茶苦茶にされたい・・と思ったのではないでしょうか。

 つまり、ドエム男子ですね。

 女性差別的な記事を書いたライターを、女性たちは決して許さないでしょうね。。。

 女権委員会も動くでしょうし、どこか女性センターのような場所に連れ込まれて、さまざまな立場、年代の女性集団から、吊し上げを受ける可能性が極めて高いと思います。

 とくに、母校を名指しされた現役女子大生の怒りはすさまじいものがあるでしょう。

 各大学から7~8人くらいずつ、代表の女子が名乗りを上げ、女権委員会の主導で、男の「糾弾会」が開催されます。

 彼女たちは、最初のうちは、言葉で責めたり、尋問したり、謝罪を要求したりすると思いますが、次第にエスカレートして、暴力沙汰に発展するかもしれません。

 文字通りの「吊るし上げ」が行われます。

 たとえば、こんな感じです。 ↓ ↓ ↓
 






※こちらはヤプーズマーケットさんの集団リンチ動画の一コマより


 彼女たちは、「女性差別主義者を糾弾する」という大義名分がありますから、容赦ありません。

 パンツ一丁で逆さまに吊るされた男を、鞭で叩いたり、脱いだパンプスでぶったり、タバコを押し付けたり・・・思う存分に、嫐ることでしょうね。

 男のからだが悲鳴を上げるたびに、それ以上に大きな女性たちの笑い声が響きます。

 もちろん、最後はパンツも脱がして、男が羞恥に震える姿を、女性全員で鑑賞します。

 つまり、男にとって最高に屈辱的な光景ですね。 ↓↓↓



※やるっきゃ騎士・第1巻より








 すっぽんぽんで記念撮影までされて、二度と女性差別しないことを、女性たち全員の前で土下座で誓約させられて、ようやく解放されたときには、女性のおそろしさを心底身に染みて感じることでしょう・・。

(※※真面目な人、怒らないでくださいね・・ここは、ドエム男子が妄想を楽しむためのアブノーマルサイトです)

追記:後で気づいたんですが、うちの姉、「ヤレるリスト」の大学に入ってますね・・(笑)。そんなこと言ったら、ぶち殺されると思いますが・・。


CFNMの女性優位時代

( 2019/02/10 13:07 ) Category 社会の出来事・事件簿 | TB(0) | CM(9)

遠い記憶・・ 




 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 お正月とかに実家に帰って、家族でお酒を飲んだりすると、ほどよく酔いがまわったところで、必ず話題になるのが、
『子供のころ、ああだった、こうだった、こんなおかしなことがあった』という昔ばなしです。

 優秀な姉が自分の娘(小5)に話して聞かせたいというのは分かるんですが、僕は昔ばなしになると、背筋に冷たい汗が流れます。
 
 まさか小 学生の娘の前で話題にはしないと思いますが・・むかし、妹のスクール水着を盗んだり、たまに遊びに来る叔母さん従姉妹のお風呂をのぞき見したことを今になって蒸し返されるのではないかという恐怖があるからです。

 あと、姉の下着を勉強机の引き出しの奥にキープしていたこともあった・・本当にすみません・・
 





 僕の場合、ものごころついたころから、『女性に罰を与えられたい』という不思議な欲求があり、そのため、わざと悪戯をしたり、妹をイジメたりすることがよくありました。

 一度だけ、夏休みのキャンプで、母親から裸のお仕置きをされたことがあり(※どこかで書いた気が・・)今だから告白しますが、よそのお母さんや、妹の友達も見ている前で、すっぽんぽんで反省させられたのは、病みつきになってしまいそうな快楽体験だったと思います。

 ・・いや、それは今になって思えば、ということであって、やっぱり無茶苦茶恥ずかしいわけです。
 だって、ごく小さなコドモならまだしも、当時中2ですよ。小柄で発育も遅い方でしたが、下の毛が生えていたと思います。
 
 そして、お風呂付のバンガローを一棟貸し切りというシチュエーションで、女性ばかり8~9名がご飯を食べている中で、母親が良しと言うまで、全裸で立たされたわけです。
  
 どうしてそういう流れになったか、はっきりと覚えていませんが、たぶん、参加したママの一人が、そういったお仕置きの経験が豊富で、僕の母親に対して、提案したのではないかと思います。
 
 「妹に暴力をふるうような男の子は、今のうちにしっかり躾けないと将来が心配。オンナのこわさを思い知らせて矯正するためには、オチンチンを丸出しにして、さらすのが一番よ」
 ↑ ↑ ↑ すみません、この部分は完全に妄想です。。。



CFNM、男性羞恥の女性優位時代


 ちなみに、お仕置き時間はどれくらいだったのだろう・・。記憶の中では、1時間くらいだった気がしますが、実際には、10分、15分くらいのものだったかもしれません。

 裸のお仕置きは、その一度きりでしたが、以後も妹をイジメたりするたびに、
 「またスッポンポンにするよ!」 「スッポンポンにされたい?」 「ママに言いつけて、すっぽんぽん、してもらうからね!」
 ・・などと、母や、祖母だけでなく、妹にまで言われるようになり、僕はすっかり周囲の女性たちに従順になったのでした。
 少なくとも、見た目だけは。
 
 内心は、(もう一度、今度は姉たちも見ている前でスッポンポンにされたい)という思いと、やっぱり恥ずかしいですから、(それだけは二度とかんべんしてくれ!!)という二つの矛盾する思いが交錯して、さらに(自分はいわゆる"マゾ"だったらどうしよう・・)という少年らしい不安(?)も入り混じって、悶々とした10代を送ることになったのでした。

 ※いま思うと、ドエム男子でノープロブレムですね。むしろ、女性の権利が強くなっていく現代社会において、生きやすい属性ではないかと思っています・・。
 子供のころは、"マゾヒスト"なんて言うと、とんでもない変質者で、まともに社会で生きて行けないのではないかと勝手に思い込んで悩んでました・・。



【VR】家族で男は僕ひとり!・・より


 以下、妄想です。
 
 お正月休みに、集まった親族の女が口にするのは、いまから●年前に起きたあの出来事です。

 事の発端は、妹のスク水を盗んだのがバレたことでしょうか。

 当時、僕は大学浪人中で、妹は中学3年くらい。

 双子の妹のうち、性格がきつい方の玲愛(※仮名)のスクール水着です。

 夏休みも終盤にさしかかり、水泳の授業がもうなくなる・・というタイミングで、ベランダに干したままになっていた水着をこっそり自分の部屋に持ち込んで・・この日は、僕以外の家族全員(祖母、母、姉、妹×2)が温泉旅行か何かに行って留守だったこともり・・たった一人残された僕は、思う存分、ヘンタイ行為を堪能したのでした・・。(ぶっちゃけ、玲愛の水着を着用して、何度もオナニーをしました)。

 性格が優しくておとなしめの樹里愛(※仮名)の水着に手を出さなかったのは、当時ドエム魂をしっかり宿していた僕は、性格が攻撃的な玲愛の水着の方に興奮したから・・だと思います。

 あのとき、股間部分にしみのついた水着を、何もなかったようにベランダに戻したのですが・・実はバレていたらどうしよう・・玲愛はとくに姉を尊敬しているから、自分の水着に異変が起きたことに気づいたら、絶対に姉に相談するに決まっている・・そして、野性的なカンの鋭い姉は、たちまち僕の"犯行"を見抜いてしまうだろう・・。

 そうなったら・・。姉主催の裁判が行われ、僕は、"被告"として吊るし上げられるだろう・・。

 今回の件だけでなく、数々の"余罪"が女性たちの手で暴かれることになるのだろう・・。

 これまでさんざん女性たちに悪事を働いて来ました。それが、いよいよ"年貢の納め時"です。

 おそらく姉は、事前に女性たちを集めて、ミーティングを行うと思います。

 女性たちが受けてきた被害状況の聴取にはじまり、僕に与える罰の内容、当日の役割分担まで、完璧なシナリオを作るはずです。



 CFNM小説の女性優位時代


 ドエスな姉は、妹の友達が遊びに来るタイミングを見計らって、"女性裁判"の開催を宣言します。

 玲愛、樹里愛と、幼なじみの胡桃ちゃん、綾華ちゃん、和希ちゃんが見ている前で、姉によって正座させられる僕。

 今から何が始まるんだろう・・と、胡桃ちゃんたちは、期待のこもった目で無遠慮に僕の顔を眺めます。

 意地悪な姉は、みんなの前で、玲愛のスク水を広げて見せます。そして、股間のところに"不思議なしみ"があることを指摘するでしょうね・・。

 女子中 学 生たちから悲鳴が上がります。

 「絶対にやってない」と否定する僕。

 「あんた以外にだれがいるのよ?!」追及する姉。

 「やったならやったと、自分から認めた方がいいわ」玲愛も同調する。

 「受験ストレスでやったことなら、いいのよ」・・この姉のささやきに騙されてはいけない。

 「ぜったいに僕じゃありません!!」

 意地悪な姉は、実は隠し玉を用意していた。

 机の引き出しの一番奥に、姉のパンティを1年以上前に盗み、オナニー用にキープしていることを知っていながら、あえて泳がせていたのである。

 「じゃ、そこの机、開けてごらんなさい」

 玲愛が姉の言うとおりに、引き出しを一挙に引き抜いた。姉が指摘した通りの物品が発見され、大騒ぎとなる。
 
 「これでもまだ言い逃れする気?」
 
 「お兄ちゃんサイテイ!!」おとなしい樹里愛もドン引きしている。
 
 「なんとか言ってごらん」姉が自分のパンツをつまみ上げ、顔をしかめる。「シミだらけじゃないの!」
 
 「お兄ちゃん、あたしの水着、着たの?」
 
 「い、いや、そんなことはしないよ」
 
 「あらぁ、それにしては、ずいぶん水着が伸びちゃってるわねえ」
 
 「絶対、はいていると思うわよ」
 
 「正真正銘のヘンタイね・・・・・・」
 
 「玲愛、どうする?」姉が言います。
 
 「当然、お仕置きするんでしょう」
 
 「もちろん」妹は言って、おいでおいでをして僕を近くに寄せます。
 
 「今のところ、ママには内緒にしてるけど。どうしようかな?」
 
 「それだけは許してくれ」僕はその場にへたり込みました。
 
 胡桃と綾華が、くすくすと笑います。
 
 「フフフ・・・・・・そう言えば、お兄ちゃん、ママのこと昔から恐れているもんね。ねえねえ、信じられる?お兄ちゃん、中2のときに、お母さんにしかられて、裸にされたことがあるんだよ」

 「えーっ!ありえない、中2でしょう!中2って言ったら、もう毛が生えてるじゃん」と、綾華。

 「フフフ、そうよねえ。お兄ちゃんあのときちょっと生えてたかな?」

 「やめろ!」と、叫びました。

 しかし、その反抗的な態度が、6人の女の怒りを決定的に買ってしまったことは間違いないようです。

 「ちょっとお兄ちゃん、自分の立場ってものが分かってないようね」玲愛が言います。

 「玲愛、こんな悪いお兄さんには、少し思い知らせた方がいいわ」と和希。

 「そうね。お兄ちゃん、ママに言われるのと、今ここであたしたちからお仕置きされるのと、どっちがいい?」

 「ママに裸にされたくねぇだろう」玲愛が乱暴な言い方をします。

 「スッポンポンの刑!!」樹里愛も言います。 

 「許してくれ」

 「許してくれ、じゃねぇんだよ。ママのお仕置きで裸にされるのと、今ここであたしらにされるのと、どっちがいいかって聞いてンだよ!」和希はもはや我慢できない、といった調子で、いきなり僕の肩をつかみました。

 (和希は、小柄だが女子柔道部のエースであり、握力でかないません)

 「玲愛、やっちゃお」

 「そうしよう」

 もともと悪いのは自分だという負い目もあり、僕はろくに抵抗もせずに、彼女たちから、一枚いちまい衣服を脱がされてしまいました。

 しかし、まさか友だちが見ている前で、素裸にまではしないだろうと、どこかでまだ安心していたのも事実です。

 ところが、最後にブリーフとソックスだけの格好にされると・・・・・・・・・・・・。

 「あはは、今どきあんなパンツはいてる」

 「早くあれも脱がしちゃおー♪」

 「あはははははは」 「ふふふふふふふ」

 彼女たちは楽しそうに笑いながら、まず靴下を脱がし、最後に一枚だけ残った布きれに手をのばします。

 「やめて!」

 「あはは、お兄ちゃん、最近もあたしのお風呂のぞいてんの知ってるんだから。お兄ちゃんのヌードも見せてもらう権利があるわ」おとなしい樹里愛が言います。

 「きゃっ!」僕は女の子みたいな悲鳴をあげて、両手でパンツを押さえて、逃げ回りました。

 もちろん、すぐに捕まって、ベッドに押し倒されてしまいます。

 どすん!どすん!どすん!!・・・5人の女子の体重が、容赦なく僕のからだに乗ります。

 (た、助けてくれ~)

 玲愛の丸い尻が、僕の鼻と口を圧迫し、やわらかいベッドに押しつけています・・・。

 (く、苦しい・・・・・・・・・それに、汗くさい・・・)

 「さぁ、お兄ぃちゃん・・・お仕置きの時間がやってきたわよ」玲愛がわざとらしく声を高めます。

 「じゃじゃじゃじゃじゃ~~ん。お仕置きの時間で~す♪」綾華も言います。

 (やめてくださいーーー)

 「それでは、今から、おちんちん丸出しの刑をはじめます」姉が宣言すると、女子中 学生5人が爆笑します。

 「玲愛、樹里愛、ねえちゃんがしっかり押さえてるから、今のうちにパンツ脱がしちゃいな」

 (や、や、やめてくれーーーーーー!!)

 ・・こうして丸裸にされた僕は、ドエスの姉の手で、両手を縛り上げられ、股を限界まで開かされ、ベッドの上にくくりつけられてしまいます。

 恐怖と屈辱のあまり委縮した性器を、よってたかって、もてあそばれます。

 最初はこわごわだった女子たちも、姉がやるのを見て、マネするようになります。

 仮性包茎の皮を剥いて、何秒で元に戻るか当てるゲームをしたり、今度は逆に、無理やり引っ張ってどこまで皮が伸びるか確かめたり・・・と、大盛り上がりです。

 男の尊厳とか、完全無視です。

 まさに嫐りものです。


 ・・などという"妄想"をして、それでまたオナニーをしたものです。。。 (*´Д`)



【参考動画】長尺195分 家族で男は僕ひとり!【新作】【VR】
【新作】【VR】長尺195分 家族で男は僕ひとり!「4人姉妹と連続セックス朝生活」3
 
 
( 2019/01/05 01:55 ) Category 体験談・妄想・告白 | TB(0) | CM(8)

医療系プレイはお好きですか?? 







 ここのところ身体の調子がよくないので、急に思い立って、健康診断に行ってきました。

 私がここ数年、通っているのは、都内にある某○×クリニックという診療所でして、どうしてここがお気に入りかというと、ベテランの女性医師(50代後半くらい)と、たぶんその娘の後継ぎ医師(30代だと思うが、もっと若く見える)が経営しており、受付のおばちゃんと、数人のナースたち・・という布陣で、ようはスタッフ全員女性だからなんですね。

(以前は、一人だけ、オタク系の男性看護師が勤務していたが、女性たちにイジメられて辞めてしまった・・・と、勝手に思っている)

 女性スタッフメインだからと言って、患者さんは女性専用というわけでもなく・・診療科も、内科、糖尿病クリニック、そして泌尿器科があり、ふつうに男性の患者さんも大勢います。

 (・・てゆうか、泌尿器科か・・。いつか、先生に見てもらいたいな・・)

 なにかと妄想がふくらみますが、今回、採血をしている最中に、ちょっとした事件が起こりました。

 もともと私は痛みに弱く、注射とかも大嫌いなんですが、採血を担当したナースが、今年学校を出たばかりでしょ・・という雰囲気の、若い女性だったのですね。

 これが、注射針を打ち込むのが、へたくそで仕方がない(笑)

 ブスッと突き刺しては、「あらっ?!」とか言って、また針を抜く。

 古いのを置いて、新しいのを出そうとして、そばに置いてあったトレーをひっくり返す。

 「ぎゅっと親指をにぎっていて下さい!!」・・自分の失敗に苛立ちながら、なぜかちょっと怒り口調で、命令してくる。

 注射針を刺して、またしても、「あれっ?」とか言う・・。 (*^_^*)

 ふつうの患者さんなら怒ってしまうところですが、あいにくドエム男子の私は、彼女の仕草に、非常に萌えました。。。 

 極めつけは、センパイナースと、女医先生(娘)が集まってきて、「なにをやっているの?!」とばかり、複数で私の腕を押さえ込んで、細いゴム製の管で固定して、「ほら!今のうちに、こう、やってしまいなさい!!」 叱責されたことですね。。。

 もちろん、私が叱責されたわけではないですが、なんちゅーか、興奮しました(笑)



 ここで気づいたのは、女医さんや、ナースたちに、身体を身動きできないように固定されて、注射器で血を抜かれるシチュエーションって、なかなか良い。これです。

 M男性向けの医療プレイというと、すぐ"痴女ナースによる逆レ イプ"とかになってしまい、そういうのはたくさんありますが ↓ ↓ ↓ (たとえばこんな)





 "白衣の天使"のはずが、意外と中身の下着はど派手だったりすると、興奮しますね。。


【数量限定】痴女ハーレム病棟~複数ナースに抜かれまくっちゃったアナタ~ 生写真3枚付き
【数量限定】痴女ハーレム病棟~複数ナースに抜かれまくっちゃったアナタ~ 生写真3枚付き



 もちろん、こーいうのも嫌いではないですが。。。

 たとえば、パンツ一丁で診療台の上に寝かされて、ベルトで四肢を固定され、何人もの女医さん、ナースたちに、代わる代わる注射器を突きさされて、血液を採取されてしまう・・。

 「あなたみたいなセクハラ男は、すこし血を抜いた方がいいのよ!」

 最後は貧血状態になり、気が遠くなって、女性たちの哄笑を遠くに聞きながら、次第に意識が薄れて行く・・みたいな、ホンモノの医療プレイがもしあれば、最高に興奮すると思いました。

 
 

( 2018/11/30 23:55 ) Category ドエム願望 | TB(0) | CM(9)

いま、一番読んでみたい小説 ~ Naomi Alderman"THE POWER" 





THE POWER作者:Naomi Alderman
ペーパーバック: 352ページ
出版社: Penguin
ISBN-10: 0670919969
発売日: 2017/4/6(英国)10/10(アメリカ)



 私の場合、小説やブログ更新のネタ探しのために、世界各地で起きている、男女が対立したり、立場が逆転するような話題について、定期的に情報収集を行っています。(といっても、単にネットを見ているだけですが)


 今回、無茶苦茶魅力的な設定の小説を発見しましたので、興奮しつつ、報告をしてみたいと思います。


 Naomi Aldermanという女性作家の書いた、THE POWER という作品です。


 残念ながら、英語版しかなく、そして私フクムラは英語が読めません・・。
 もし、日本語版を出すとしたら、タイトルはどうなるんだろう?? 単に、"力" とするのもインパクトがありますが、"女性が逆転して支配する時代" という雰囲気を出した方が、ニュアンスを正確に伝えているでしょうね。 
 それこそ、"女性優位時代" または、"近未來"というようなタイトルでも良いかもしれません。

 
 わずかにネットで拾える日本語レビューと、不完全ながら翻訳ソフトを用いた部分翻訳によって・・この作品、私のドエム心を最高にくすぐる内容であることが判明しています。


 舞台は、たぶん近未来の地球で、ファンタジー小説の要素があります。ただし、ファンタジーと言っても夢のある世界設定ではなく、殺伐とした世界が描かれているようです。


 ある時代、突然変異なのかウイルスなのか、不思議なパワーを使えるようになった少女が世界に現れます。
 鎖骨部分に、"skein"という特殊な臓器(?)が発達し、そこから発電することができるようになったのですね。
 (荒唐無稽なようにも思えますが、女性にしかない臓器といえば、子宮がありますし、電気ウナギなどのように、発電能力を備えた生物は実際にいます。そう考えると、あながちおかしくもない)


 最初は、世界でも数人の少女だけが、この能力に気づき、お互いに"しびれごっこ"をしたりして、無邪気に遊んでいました。


 やがて、この特殊な力を持つ女性が、世界中に出現するようになります。
 このパワーは、意図的に鍛えることができ、しかも女性だけが持てる"力"であることが判明します。
 ・・・するとどうなるのか。
 国や地域によって温度差はあるものの、女性たちは、この"力"を意図的に用いて、徐々に男社会を覆滅して行きます。


 最初は、"能力"に目覚めた少女が、自分の母を暴行した男どもに、厳しい制裁を加えるところから。
 後に、彼女はみずからの能力を女性たちに伝道し、教祖と呼ばれるようになります。


 社会を支配する"力"は、必ずしも肉体的な強さだけではないはずですが、女性作家であるAldermanは、男性が肉体の力で女性を支配してきた従来の歴史、それを覆す女性たちの"パワー"ということを書きたかったのだと・・私フクムラは理解しています。


 かつての男たちが、単純に女性よりも肉体の力が強いというだけの理由で、長い間、男性優位の社会を築き、女性たちを見下し、支配してきたのと同じように、今度は、電気刺激パワーという優位な力を用いて、女性がオトコどもの上に君臨する時代がやってきます。








 ちゃんとした翻訳をしたわけではないので、間違いがあるかもしれませんが、女性たちは、この"電気刺激パワー"を、強弱に使い分けることができるみたいですね。


 たとえば、暴漢や、男のテロリストに襲われた場合は、最大出力のパワーでやっつけて殺してしまうこともできますし、女性上位のSEXを拒む男に対しては、微弱な電流を与えることで、無理やり勃起させ、逆レイ プすることもできます。(実際にそのような描写がある模様)


 やがて社会における男女の役割が完全に逆転してしまうと、男は一人では外を歩くこともできなくなります。
 うかつに外を出歩けば、複数の女性たちに、性的に虐待されたり、レイ プされたり、ときには誘拐されて性奴隷にされてしまう危険があるからです。
 男が自分の身の安全を確保するためには、"女性保護者"を登録し、彼女の庇護下に入らなければなりません。


 とある難民キャンプでは、女兵士たちが、捕虜の男をかわるがわる輪 姦し、拷問にかけ、その遺体を放置する・・という残虐シーンもあるみたいです。


 また、この世界では、男が自由に射精することも禁じられるみたいです。
 女性たちが、若い男の子を全裸にむいて、電気ショックを与え続け、女性からの電気刺激なしでは射精できないように「矯正」するということも行われているようです。


 やがて、「男は最低限、生殖に必要な人数だけいればよく、女性だけでよいのでは」という、マニフェストをかかげる女性政党も登場するようになります。この時代、生殖医療も進んでいますから、男の子は生まれる前に間引かれてしまうのでしょうか・・。


★関連記事※男性撲滅委員会「男児の出産は犯罪です!」

★関連記事※女性だけの街に住みたい 



 同じように未来における男女逆転ファンタジーとしては、有名な家畜人ヤプーがありますが、こちらのThe Powerは、女性作家の作品であり、もちろんポルノとして書いておらず、むしろ、女性目線での真摯な怒り・・が伝わってくるのが、非常に萌えますね・・。


 完全に読み方まちがってるんでしょうけど・・。スミマセン・・。 _(._.)_



 この小説を紹介している女性ブロガーの頁を発見したので、その方の考えを引用してみます。正しい読み方は、こちらです。
 (URLは、先方に迷惑をかけたら悪いので非公開。興味のある方は、検索で探してみて下さい)

 

 AldermanのThe Powerは、「女性が権力を得たら、もっと平和な世界になるのに」といった甘い理想論を語る小説ではない。

 「レイ プされるのは、襲われて抵抗しない女性が悪い」とか「女性が独り歩きをしていたら、襲われても当然」、「嫌だといいながら、本当は楽しんだのだろう」といった男性の言い分に対する、非常に直截的な返答だ。そういう男性に対して、「パワーが逆転したら、あなたはレ イプされて殺されてもOKなのでしょうね?」と問い返している。

 この小説で、パワーを持って暴走し始めた女性が行う行動は、非人道的で、残虐すぎるように思える。女性読者である私にとっても読むのがしんどい部分が多いが、男女を置き換えれば、これらは男性社会が女性に対して実際に行ってきたことなのだ。まったく誇張はない。



 ・・だそうです。

 この小説、だれか、フェミニズム系の作家が日本語訳にしてくれないかなあ・・。映画化でもいいんですけど。。。


CFNMの女性優位時代


※キレた女性たちに囚われ、電気拷問で逝かされる悪いオトコを描いた至宝作品はこちらの記事で紹介しています ↓ ↓
紅蓮のアマゾネス ~泣き喚きながら逝かされる男たち~ EPISODE 03 阿鼻叫喚! 残虐なる女たちの復讐
紅蓮のアマゾネス ~泣き喚きながら逝かされる男たち~ EPISODE 03 阿鼻叫喚! 残虐なる女たちの復讐


 
あと、※読者アンケート第三弾 設置しました。よろしければ、ご協力お願い致します。



 
( 2018/08/29 21:00 ) Category フェミニズム・女尊男卑 | TB(0) | CM(7)

++男性撲滅委員会++ 








 このページは、2010年ころに一般女性の方が作成していたブログ『男性撲滅委員会』が荒らしの被害にあり、ずっと閉鎖状態にあるため、その閉鎖を惜しんだ私フクムラが、当該ブログのコンテンツを引用しつつ、焼き直しを図ろうとするものです。

 なかなか衝撃的な内容ですが、私は一般女性の作者の方の「本気」が伝わってくるところが気に入っていましたし、正直その過激な主張に萌えていました。

 「男性撲滅委員会」の作者は、たぶん幼少時になにかトラウマになるような出来事があって、明らかに男性全般を憎んでいたと思います。正直、ややメンヘラ系の偏りを感じるブログでした・・。

 ブログのコメント欄は、このような作者を不快に思う男性たちの罵詈雑言が何十何百と書き込まれ、常に炎上しているような状態でした。少数ながら、私のような女性に支配されたいドエム男性が賞賛のコメントを送ることがありましたが、ブログ主はそれすらも気に入らず、「気持ち悪い!!」と切り捨てていました・・。

 そこがまた萌えなんですが。










(以下、かろうじて残っているブログ記事からの引用となります)



最近ネットでは男性差別をなくせば男性が救えると言う愚かな意見が見られます。
これは不可能です。
最初に女性差別反対運動を始めた女性は、もう死んでます。
男性差別が解消される頃にはその男性たちは、もう死にます。
時間の無駄です。

ではどうすれば救えるか。
なぜ世の中から男性の自殺者や引きこもりがなくならないのか。
男性がいるからです。
女性が思い悩んでいれば、誰かが助けます。か弱く見えます。
男性が思い悩んでいても、誰も助けません。偏屈な頑固者に見えます。
男性を撲滅すれば、自殺問題は解決です。

↓歴然たる差。
人がどちらを助けるかは問うまでもないでしょう。女性VS男性


(※フクムラ注※ここでオリジナルは男性と女性の写真が入る)


勝負になってないですね。
左は一般女性。
右は逃げた親友を追うジムキャリーです。
逃げた親友を追うという状況がもう間違っていますが、ジムキャリーの狂気が光る衝撃の一枚。
こんな男性がどんな状況に陥っても助ける気が起きません。
言ってるセリフは感動的なんですが。

男性差別解消など机上の空論でしかないことが見て取れます。

勿論、暇潰しがしたいだけの暇な知的エリート層は、何百年かかるとも知れない論理的に正しいだけの机上の理想論を唱えていてもいいんです。なぜなら暇だからです。

しかし一般人の現場で今まさに苦しんで首を吊ろうとしている弱者男性は、そんな知的強者層の正しいだけの机上の理想論に付き合ってる暇はありません。
机上の空論は捨て、現実主義の男性不要論を取りましょう。


引きこもりの9割は男性と言われています。
男性脳が自閉症を生み出しやすいことは科学的に証明されています。
自閉症は別名で極端男性脳と呼ばれます。
オスは本来単独で獲物を狩る生き物だからです。
現代で単独で獲物を狩っても逮捕されるだけです。
女性は共感脳であり引きこもりません。もし引きこもっても、誰かがナンパするでしょう。
男性を撲滅すれば引きこもりや非コミュ問題は解決です。

男性差別をなくそうと運動している愚かな人々も見られます。
これは失敗します。
男性差別がなくなるのを待ってるうちに年を取って人生が終わります。

女性だけだと陰湿ないじめの世界になると言う意見が見られます。(主に陰湿な世界から逃れてきた腐女子やネナベ達から)
もっともです。
これは陰湿な女性を撲滅すれば解決です。

男性差別は女性差別反対のように簡単には行きません。
何十年経っても偏屈な頑固者に見えるだけです。
見えるものは見えるんです。
社会的地位のように明け渡せばハイ終わりではすみません。

男性は論理的に物事を考えるので、論理的に物事を思い悩み、自殺します。
女性は感情論で物事を感じるので、感情的に幸福感情を手に入れます。

感情論はよくないと感情論至上主義者を論理的に説得しようとする愚かな論理主義者も見られます。
これは失敗します。
そう感じないからです。

格差問題も、ホームレス問題もすべては男性がいるから起こります。
男性は負けます。
負けた上に、男性が負けたところで誰も助けないからです。
格差問題が起きるのは、女性が負けても可哀想の一言で済むが、男性が負けるとキモイの一言で済むからです。
男性を撲滅すれば格差問題もホームレス問題も解決です。

非モテ、童貞問題も同じです。
女性がモテなくても可哀想の一言で済むが、男性が性欲を発散できなくてもキモイの一言で済むからです。


最近環境ホルモンで男性の女性ホルモンが増大しているそうです。
自然ですらも男性は助けないと言う証明です。
男性が思い悩んでいても助ける人もいます、それは単にその人が聖人君子と言うだけの事です。
世の中聖人ばかりではありません。


よくネットで「女は楽でいい」と言う男性の意見が見られます。
別に彼らは間違った事は言ってません。


男性の強制的な性転換、男児への強制的な女性ホルモン注入を目指しましょう。


男女を救えるのは男性不要論だけです。




・・いかがでしたでしょうか? 若干、意味不明な論理展開をしているところもあります(そういうところが読者をいらだたせ、嫌われる原因になっていたのだと思います)が、急進的なフェミニズム思想の一種であることは間違いありませんし、強制的な性転換に言及しているところなど、女性支配の近未來をテーマに小説を書いている私などからすると、非常な憧憬を感じてやみません。




お口直しに・・。(男ってやつは、本当に馬鹿です。こんなパンチラ一枚・・。女性たちが、愚かなオトコを駆逐して、女性優位の社会を作りたいと思うのは、当然ですよね・・)



 ちょっと、このテーマは、時間をかけて掘り下げてみたいと思います。
 (※マジメな人、怒らないで下さいねっ。ここは、あくまでも、ドエム男子の妄想サイトです)


関連記事(国際女性デーに過激なフェミニスト集団に捕らえられる妄想)



女尊男卑、CFNMシチュエーションの女性優位時代
 
( 2018/06/24 22:47 ) Category フェミニズム・女尊男卑 | TB(0) | CM(6)

ACEアクセスランキング