CFNMの女性優位時代 女性優位時代
  deep-cfnm.jp

CFNM小説、オチンチン丸出し、男性羞恥、女の復讐、女尊男卑、フェミニズム、性的お仕置き、男性器拷問、去勢罰、S痴女とM男性、逆レイプ、集団リンチ、SM体験記、コラム、みんなの妄想。見た動画の紹介。18禁です。

お仕置き体験談 




 某県在住のヤマシタ様(仮名)から、体験談の投稿をいただきました。

 その後、しばらく連絡がとれなかったのですが、若干文章の体裁を私フクムラが手を入れて読みやすくすることを了承いただきましたので、ここに掲載させていただきます。


■ ■ ■ ■


 はじめまして。福村さんのいくつかの小説を読ませてもらい、私の子供のころの境遇と似てるところがあると思い、投稿させていただきました。私と妹は、事情により、幼少時代、祖母と叔母の家庭で育てられたのですが、祖母(と言っても、当時50代だったと思いますが)の権力が圧倒的に強く、女性ばかりの家族のため、私に対するお仕置きは、決まってオチンチン丸出しの刑でした。

 最初のころ(幼稚園~小学低学年くらい)は、私が悪さをするとお風呂場に連れて行かれ、そこで下半身を丸出しにされ、風呂おけで尻を叩かれたり、ホースで冷たい水をかけられたりしました。

 小学5年生になると、定規による折檻が加わります。これは、むき出しにされたオチンチンの皮を指でつまんで引っ張り、十分に伸ばしたところで、弾力性のある定規で打つというもので、祖母の命令で、叔母、叔母の娘、妹が代わる代わる行います。

 これをされると、しばらくの間、オチンチンが熱を持ち、おトイレをするたびに、じんじんという激しい痛みに悩まされます。私は、このお仕置きを小さいころからされ続けたので、どこの家庭でも男の子には行われているのだろうと思い、高校を卒業するまで疑問に思いませんでした。

 今思えば立派な性虐待ですが、おかげで、私も福村さんやこのサイトの常連さんたちのように、立派なM男子に成長しました。

 これからもブログ楽しみにしています。


■ ■ ■ ■


 いかがでしたでしょうか。ヤマシタ様は、『「どうせ妄想でしょ?」と言われるのがイヤなので、掲載しなくていいです』とのことでしたが・・私は、正直言うと、べつに、体験談であろうが、妄想であろうが、ドエム男子が萌える内容であれば、べつにどちらでも良いと思っています。 (^^♪


 もちろん、リアルな体験談は貴重ですが・・。たとえば、実際に体験したことなんだけど、30パーセントくらい創作(妄想)もまじっている・・とかで、ぜんぜんよいと思います。
 

 と、いうわけで、これからも体験談(又は妄想談)の投稿は大歓迎です。


 ※ブログに掲載する際のガイドラインですが、

 性的いじめ、リンチ、逆れいぷなどの話題はウエルカムですが、あまり陰惨すぎるものは、掲載できない場合がございます。(例:性的いじめにあい、リアルで引きこもってしまった、警察沙汰になった、氏んだなど)

 投稿された文章は、できる限り手を加えず、その方の個性を残したいと思いますが、てにをは、句読点などを変えることで、読みやすく推敲させていただく場合があります。

 個人名や地域などが分かってしまうものは掲載できません。あるいは、仮名に直させていただきます。

 長文すぎるものは掲載できない場合があります。たとえば、1万字を超えるような長編作品を投稿するだけの実力のある方は、ご自身でブログを立ち上げた方が良いと思います。

 ご投稿は、 youm709 アットマーク gmail.com へどうぞ。。。


お仕置きCFNM
  
( 2017/08/31 00:02 ) Category お仕置きCFNM | TB(0) | CM(4)

逆輪姦体験談 




 東京都に在住のS女様から体験談の投稿をダイレクトメールで頂きましたので、彼女の承諾を得て、私フクムラが誤字脱字や改行などを修正し、若干表現なども改めさせていただいた上で、全文を掲載いたします。
 
 なかなか刺激的な内容です。


■ ここから ■

 
 福村さま


 いつも楽しく拝見しております。都内在住のS美(仮名)と言います。今日は、リアル逆輪姦について、わたしの体験談を語りたいと思います。


 逆レ イプと言うと、巷に出回っているM男性向きのアダルトビデオでは、唐突にはじまることが多いようですが、実際には、事ここに至るまでのすったもんだがあって、次第に機運が高まって行くことが多いと思います。


 つまり。女は仮にあの男をレ イプしたいと思っても、ストレートに行動するわけではなく、徐々に間を詰めて行く、と言いますか、少しずつ、蜘蛛の糸を張り巡らせて、気が付いたときには雁字搦めにからめ取って、逃げられないようにする方が自然だと思います。


 さておき。逆輪姦事件が起きたのは、今から××年くらい前のことで、当時私は高校3年で、所属していた華道部での出来事でした。この点も、多くの男性は勘違いしていると思うのですが、よくある体験談や妄想だと、大抵、逆レ イプするのは、ヤンキーだったり、スポーツ系のいかにも肉食系女子が多いですよね?でも、わたしたちは違いました。わたしたちは、学校の中でも目立たない華道部で、高1~高3まであわせても7~8人しかおらず、学校の隅っこの方で、細々とクラブ活動している地味系女子だったと思います。


 それがどうしてあんな風な逆輪姦事件に発展したかというと、正直、よく分かりません。あるとき、女子ばかりのクラブに1年生の男子が2名、入部したんですね。一人は、ジャニーズ系のイケメン。もう1人は、ジャガイモくん(笑) でも、狙われたのは、ジャガイモくんの方でした。どうしてか、分かりません。が、わたしたちみんなは、なぜかジャガイモくんだけを、徹底マークしてイジメたんですね。あのときは、みんなイケメン君がお気に入りなので、そうじゃない方を排除しようとしたのかと思いましたが、今になって考えると、むしろジャガイモくんの方に、女がお構いしたくなるような色気があったのだと思います。


 わたしたちは、陰険なやり方で彼をイジメました。本当に、目のカタキのようにしてイジメました。その手法は本当にひどくて、ここに書けないほどですが、たとえばクラブ顧問の先生が大事にしている生け花をちょん切って、それをジャガイモのせいにしたり、色々しました。


 それらわたしたちの悪行の数々がイケメンくんの告げ口で、明るみに出てしまったのですね。ふつうなら女子の怒りがイケメンくんに向かうところですが、そうはならず。わたしたち七人の女子は、ジャガイモくんを放課後かなり遅い時刻、部室に呼び出しました。名目上は、今までのことを謝りたいから。


 部長のA子が一応謝ると、ムカついたことに、ジャガイモは上から目線で、先生に言われたから謝ってるんだろ、とか何とか言います。それでも一通り全員があやまると、彼はもういいよと言ってその場を立ち去ろうとしました。そこで、わたしたちの何かが吹っ切れてしまいました。「ちょっと待てよ」A子が逆切れし、彼の肩をつかむと、ふだんは大人しいB、Cなども彼に襲いかかりました。


 こうなると、もう、滅茶苦茶です。私たちは、部室に置いてあった竹ぼうきなどで、彼を叩きまくりました。彼も、死に物狂いで抵抗してきました。ものすごいパワーでした。正直、私は怖かったです。はじめて、かれが男であることを実感しました。でも、よく見ると彼は泣きながら暴れてました。女子七人がかりで彼を押し倒しました。彼は手足をバタバタとさせて、亀のようでした。この時点で単なるイジメられっ子に逆戻りです。


 彼が汗びっしょりだったので、A子の命令で彼の体操着を脱がしました。(ちなみに、華道部と言えども、ふだんは着物を着るわけではなく、体操着でやります)。みんな彼に対する嗜虐の心がいっぱいに芽生えていました。たぶん、意外にも男の力強さを見せつけられたことで、なんとなく、「このままじゃ済ませられない」という感情が芽生えていたのかもしれません。


 最初、パンツ一丁で寝かされている彼の腹や、脚などを踏んづけていましたが、やがてA子が、嶮山を彼の裸の胸や足などに押し付ける拷問を始めました。彼は、やられるたびにぎゃーーーーっと大げさに泣くのがムカつきました。どうしてかと言われても分かりませんが、彼をこのまま無茶苦茶に破壊してやりたい衝動にかられました。


 A子は、嶮山を彼の股間に押し当てて、さらに足で踏みつぶす拷問をしました。彼は絶叫しました。みんなケッケラと笑っていました。そのあとで、彼は生け花用のはさみで、頭髪を切られました。ざまあみろ、と思っていました。ものすごい残酷気分で、彼がもっと苦しんで泣き叫ぶ姿を見たいと思いました。


 パンツ切っちゃえ、と提案したのは私です。わたしは実は男性の裸など見たことがなかったので、ほとんどノリだけでした。みんなもそうだったと思いますが。はさみで、チョキン、チョキンと、みんなでちょっとずつ切り込みを入れて行きました。(これはすごい楽しかった。少しずつパンツがぼろぼろに切り刻まれて行き、いつチ●チンが飛び出るかとみんな大騒ぎ。一方の彼は、一刀ごとに、動物のような悲鳴で泣き叫びます)


 彼は、嶮山とはさみで局部を切り取られるなどと脅されながら、女子に囲まれて、オ●ニーをさせられました。彼ができないでいると、A子が体操着姿のまま、彼にまたがる恰好で、彼の局部を乱暴に手でしごきました。


 他の女の子たちは、押さえ役をしながら、ドキドキして見ていました。わたしはこのとき性体験がまだなかったので、よく分かりませんでしたが、A子は「こいつ、いきやがった」と言いました。A子は、タオルで自分の手と、太ももの辺りをぬぐいました。私は、ああ彼はこれで童貞じゃなくなったのだなと思いました。A子は、「次だれかやる?」みたいなことも言いましたが、名乗りをあげる猛者はさすがにいませんでした。でも、キャアキャア言いながら見ているだけでも、充分レイ プに参加したと思いますし、今では本当に反省しています。


 その後、驚いたことに、A子とジャガイモが付き合っていると噂になりました。A子は否定しましたが、二人が映画館で手をつないでいるところを見たことがあります。一方の私は、完全にこのときの衝撃で、男を逆レイ プしたい願望のあるS女になってしまいました。


終わり


( 2017/07/27 01:06 ) Category 逆レイプ | TB(0) | CM(3)

ACEアクセスランキング